亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

春歌1

初春

伏見院

かすむてふ すがたはみえず 世の中の のどけき空の 名にこそありけれ

かへし
京極為兼

空はなほ 雪げながらの 朝ぐもり くもると見るも かすみなりけり

後鳥羽院

かすみゆく 高嶺を出づる 朝日かげ さすがに春の 色を見るかな

郁芳門院安芸

昨日こそ 雪ふるとしも 呉竹の よはのうちにや 春は来ぬらむ

俊成

つららゐし 賀茂の川上 うちとけて 瀬々の岩波 春と告ぐなり

西行

門ごとに 立てる小松に 飾られて 宿てふ宿に 春は来にけり

宗尊親王

いづくより 霞みそむらむ あしびきの 山にも野にも 春は来にけり

宗尊親王

たちそむる 春の霞の 薄衣 なほ袖さえて 淡雪ぞ降る

幽斎

日の本の 光を見せて はるかなる もろこしまでも 春や立つらむ

宣長

さし出づる この日の本の ひかりより こまもろこしも 春を知るらむ

後水尾院

世は春の 民のあさげの けぶりより かすみも四方の 空に立つらむ

慶運

ひさかたの 雲ゐに高く かすむなり 富士のけぶりの 春のあけぼの

宗良親王

朝と明けて まづこそ見つれ 四方の空 いづくに春は 立ちはしぬらむ

佐久良東雄

朝日かげ とよさかのぼる 日の本の やまとの国の 春のあけぼの

貞徳

けふと言へば 生きとし生ける ものまでも 春とは知らで 春や知るらむ

景樹

限りなく 待たせ待たせて あら玉の 今年ぞふれる こぞの初雪

宣長

ものごとに 神世思ほゆ あらたまの 年の初めの 手振りほぎごと

亀山院

訪ね問ふ 人はまれなる 我が宿に ところ嫌はず 春ぞ来にける

田中久三

明日もまた 雪はふるらし ひと月も 待たで桜は 咲きそむるとも

春風

山辺赤人

暑からず 寒くもあらず 良きほどに 吹きける風は やまずもあらなむ

和泉式部

花散らす 春の嵐は 秋風の 身に沁むよりも わびしかりけり

真淵

つくば山 しづくのつらら 今日とけて 枯生(かれふ)のすすき 春風ぞ吹く

景樹

うちとけて けさ吹く風の 心をば 池のこほりぞ まづは知るらむ

若菜

よみ人しらず

駒なべて 芽もはるの野に 混じりなむ 若菜摘み来る 人もありやと

正月元日にあめふりけるに
西行

いつしかも 初春雨ぞ 降りにける 野辺の若菜も 生ひやしつらむ

正親町実明女

むらむらに 野辺の若菜も 萌え出でて 雪間はつかに 春は来にけり

後光厳院

踏み分けて 野沢の若菜 今日摘まむ 雪間を待たば 日数経ぬぺし

加納諸平

朝風に 若菜売る子が 声すなり 朱雀の柳 まゆいそぐらむ

大江千里

山高み 立ちくる霧に むすればや 鳴くうぐひすの 声のまれなる

景樹

鴬は 春と鳴けども 山里の 庭しろたへに 雪は降りつつ

実朝

山里に 家ゐはすべし うぐひすの 鳴くはつこゑの 聞かまほしさに

宗尊親王

奥山の こぞの白雪 けぬが上に 菅の根しのぎ 鴬ぞ鳴く

景樹

我が宿の 竹の林を あらためて 春になしたる うぐひすの声

宗尊親王

今もなほ 妻やこもれる 春日野の 若草山に うぐひすの鳴く

光厳院

春の日の のどけき空は くれがたみ いたづらにきく 鶯の聲

俊成

さらねども 難波の春は あやしきを 我知り顔に 鴬の鳴く

景樹

山里は きのふもけふも うぐひすの 声のみ聞きて 暮らしけるかな

定家

鴬の 初音を待つに 誘はれて はるけき野辺に 千代も経ぬべし

油谷倭文子

雪深き 谷の古巣の うぐひすは まだ春としも 知らずやあるらむ

景樹

昼よりは おほかたくもる このごろの 朝ごとに鳴く うぐひすの声

蘆庵

何ごとの 腹立たしかる 折にしも きけばゑまるる うぐひすの声

御製

うぐひすよ 朝日とともに 鳴き出でて 月待ちがほの 夕映えのこゑ

崇徳院

うぐひすの 鳴くべきほどに なりゆけば さもあらぬ鳥も 耳にこそ立て

俊成

年を経て あはれとぞ聞く うぐひすの 宿をもわかず 春を告ぐなり

宗尊親王

今日もまた 人の訪はでや 紅の 濃染の梅の 花の盛りを

景樹

梅の花 咲きてつげたる 山里の 春ぞ春なる 雪は降れども

宗尊親王

梅の花 香をなつかしみ 春の野に すみれも摘まぬ 旅寝してけり

景樹

芦垣の 梅の初花 咲きにけり けさ我が宿の 春や立つらむ

蘆庵

年のうちに 春来ぬめりと 梅や咲く 梅や咲けりと 春や来ぬらむ

秋成

我が宿の 梅の花咲けり 宮人の かざし求むと 使ひ来むかも

伊達宗利妻

人ならば うき名や立たむ 宵よひに わが手まくらに かよふ梅が香

秋成

曇り日は ことにぞにほふ 梅の花 風吹きとづる 深き霞に

後水尾院

大空を おほはむ袖に つつむとも あまるばかりの 風の梅が香

良寛

梅の花 老いが心を なぐさめよ 昔の友は 今あらなくに

布淑

梅が香に 月のかすめる 我が宿を おぼろ夜よしと とはれてしがな

秋成

折らばやと 立ち寄る梅に うぐひすの 許さぬ声を おどろかすかな

秋成

思ふ人 来むと言ふまに 梅の花 けさの嵐に 散りそめにけり

加納諸平

春日さす 南の庭の 雪げより かげろふばかり 梅が香ぞする

秋成

空さえて 香ごめに風の 送りくる 雪と梅とを わきて見なまし

秋成

山がつの くだく(あた)に 許されて 立ち枝あまたの 岡のべの梅

吉田兼好

木の下を 過ぎてぞさらに 知られける たもとに移る 梅のにほひは

田中久三

うすぐもり 梅咲きのこる 川のべを 歩かまほしき ここちもぞする

宣長

春の夜の 闇にぞまどふ 梅の花 そことも知らぬ 深き匂ひに

春雨

俊成

つくづくと 濡れそふ袖に おどろけば 降るとも見えで 春雨ぞ降る

後水尾院

春の夜の 真砂ぢしめる 沓の音に 音なき雨を 庭に聞くかな

吉田兼好

ながむれば 春雨降りて かすむなり 今日はたいかに 暮れがてにせむ

田中久三

今さらに雪は降らめや雨だれの音もしづけき夜もあけなば

田中久三

めづらしく 酒も飲まずに 籠もりけり 酔ひに飽きたる 春雨の夜

田中久三

雨はゆき 雪は雨にと かはるらむ なまあたたかき 春のよはかな

田中久三

春雨や いそぐともなき こよひこそ こころしづけく 家ゐすべかれ

田中久三

春の野の 雨のたまれる 土のうへを 歩かまほしき ここちもぞする

景樹

妹と出でて 若菜摘みにし 岡崎の 垣根恋しき 春雨ぞ降る

進子内親王

ふりけりな 音にはたてぬ 春雨の 見れば草葉の 上ぞ濡れゆく

宣長

春雨は ふりしきれども 鴬の 啼く音のいろは うつろひもせず

御製

春雨は 草木のための めぐみかや 降るにまかせて 緑ますらむ

俊成

春雨は とひ来る人も あと絶えぬ 柳の門の 軒の井戸水

西行

春雨の 軒たれこむる つれづれに 人に知られぬ 人のすみかか

光厳院

浅緑 みじかき草の 色ぬれて ふるとしもなき 庭の春雨

田中久三

ぬばたまの 夜の夢の間も ふる雨の 音おそろしき 春の山里

秋成

おもしろく 雨降るからに 春の夜を みじかしと思ふ はじめなりけり

光厳院

花も見ず 鳥をも聞かぬ 雨のうちの こよひの心 何ぞ春なる

加納諸平

雨はれぬ 椿がもとの にはたづみ 花のひびきに 驚かれつつ

田中久三

花を見て 浮かるる民を 諫むるか みそぎせよとや 春雨の降る

待桜

油谷倭文子

花の色に 心もそめぬ うなゐ児の 昔よりこそ 春は待たるれ

宣長

桜花 まつにつれなき こずゑかな 人たのめなる かすみのみして

光厳院

散ることは はやしと思ふを 櫻花 ひらくる程の あやに久しき

宣長

のどかなる あたら春日を 花も見で 咲くを待ちつつ いくか経ぬらむ

宣長

待ちわぶる 桜の花は 思ひ寝の 夢路よりまず 咲きそめにけり

宣長

待ちわびぬ 桜の花よ とく咲かば とく散りぬとも よしや恨みじ

宣長

待ちわびぬ けふ色見せよ 桜花 明日は散るとも さらは恨みじ

咲初桜

秋成

いつはらぬ 春の日数を かぞへ来て 山のさくらは 咲きそめにけり

真淵

うらうらと のどけき春の 心より にほひいでたる 山さくら花

蘆庵

をととしも こぞもことしも 手折り来て 君ぞ見せける 初桜花

蘆庵

山桜 咲きそめしより わたつみの おきな心も 花になりぬる

桜花盛

春の日、芝のほとりにて
大田南畝

春の日も ややたけしばの 浜づたひ 磯山ざくら 見つつ飽かぬかも

定家

ちはやぶる 神代のさくら なにゆゑに よしのの山を 宿としめけむ

八田知紀

吉野山 霞の奥は 知らねども 見ゆる限りは さくらなりけり

京極為兼

春ごとに 花のところと たづねても 見ぬおく残る みよしのの山

山寺の花
秋成

谷わたる 道はあらねど いとふりし 寺こそ見ゆれ 花にこもりて

景樹

きのふけふ 花のもとにて 暮らすこそ わが世の春の 日数なりけれ

後土御門天皇

咲きもそひ 散りもはじめて 花桜 うきうれしさの まじる雨かな

大江千里

しづかなる 時を求めて いづくにか 花のあたりを ともにたづねむ

貞徳

日くれねど あふ人もなし 山桜 あたりは滝の 音ばかりして

宮川松堅

疾きは散り 遅きは咲きて 山はみな 木の下までも 桜なりけり

真淵

かげろふの もゆる春日の 山桜 あるかなきかの かぜにかをれり

宣長

ことさらに ことしげき世を 逃れても 見るべきものは 桜なりけり

宣長

老いぬれば 何につけても いとふ身を 花には飽かぬ この世なりけり

蘆庵

ひととせの 花てふ花を 尽くしても さくらにたぐふ 色やなからむ

宣長

咲きしより 花になりぬる 心とて 四方の山辺に 散らぬ日ぞなき

宣長

敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花

宣長

めづらしき こまもろこしの 花よりも 飽かぬ色香は さくらなりけり

真淵

もろこしの 人に見せばや みよしのの よし野の山の 山さくら花

かへし
田中久三

外つ国の 人に見せばや 武蔵野の 千代田の城の 春の盛りを

真淵

世の中に よしのの山の 花ばかり 聞きしに勝る ものはありけり

宣長

みよし野の 花は日数も 限りなし 青葉の奥も また盛りにて

宣長

花とのみ 思ひ入りぬる 吉野山 よもの眺めも たぐひやはある

宣長

脱ぐも惜し 吉野の花の 下風に 吹かれ来にける 菅の小笠は

原安適

かへるさを 風よりさきに ちぎりても 花に忘るる 山の下道

後水尾院

ことしげき 世をもわすれて つくづくと 心をわけぬ 花にむかひて

大田南畝子のあづまにかへらるるを送る
秋成

風あらき 木曽山桜 この春は 君を過ぐして ちらばちらなむ

宣長

この花に なぞや心の まどふらむ われは桜の 親ならなくに

宣長

糸桜 苦しき旅も 忘れけり 立ち寄りて見る 花の木陰に

真淵

みよしのを わが見に来れば 落ちたぎつ 瀧のみやこに 花散り乱る

正元元年三月十六日庚申、御幸西園寺之次一首、今日奉勅撰事
藤原為家

むそぢあまり 花に飽かずと 思ひきて 今日こそかかる 春にあひぬれ

藤原宗範

風吹けば 池のさざなみ うちなびき みぎはに寄する 花のうたかた

躬恒

桜ばな みやこならねど 春来れば 色はひなびぬ ものにぞありける

躬恒

桜ばな 散りなむのちは 見も果てず 覚めぬる夢の ここちこそせめ

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.