逆説の日本史

投稿者: | 2010年2月4日

井沢元彦「逆説の日本史」を読み始めたのだが。
まあ、一割くらいは面白いことが書いてあるが、
八割近くは単なる状況証拠と推理であり、
真実は多くて三割くらい。
見ただけで間違いとわかることも多いし、
記述があまりにも偏向してる。
こういうのは南朝の皇族の子孫が明治になって出てきて云々というような話と同じだわ。
一つ一つ、裏付けをとる作業を積み重ねながら先に進まないと、
こんなふうに歴史なんてどんな具合にも脚色あるいは捏造できてしまうだろ。

義満が天皇になろうとしていたという話にしても、
ただ単に自分の息子の義嗣を偏愛していただけとも読める。
義満が天皇とまったく違う形の日本の統治者になるというのも、
そのままそっくり天皇になるというのもどちらも無理だろ。
天皇家の祭祀のうちいかに仏教系の儀式を自宅で執り行ったとしても、
宮中の儀式の多くは神道系、たとえば新嘗祭とかなわけで、
いきなり神主さんになりますかといわれてもなれないだろ。
皇位の簒奪が難しいというのはやはりそのあたりが理由ではないか。

それに足利将軍やら管領やら公家やらが義満の独裁に批判的だったわけだから、
義満の暴走は遅かれ早かれ中に浮いて頓挫しただろうと思うな。
足利幕府は当時としてはかなり合議制が進んでいたように思われるので、
義満はただ煙たがられてただけでは。
義満は決して絶対君主的な存在ではないし、
それだけの軍事力を足利氏が独占していたわけでもない。
一休が後小松天皇の落胤で、後小松天皇の子・称光天皇の兄に当たるので、
位を継げば良かったなどというのは、
かなりトンデモ系。
そもそも還俗して上皇になった例はあるかしれんが、天皇になったなどという話はないだろ。
明らかにあり得ない。
ていうか、上皇は院、つまり僧侶として法皇にもなれるわけだから、
上皇になるために還俗する必要すらないわな。
天皇は神道系の儀礼しかできない、
法皇は仏教系の儀礼しかできない、
という棲み分けはあったんだろうな。
仏教系の祭礼の重要性が時代が下るとともに大きくなり、
逆に神道系の祭祀が形式化していったのが、
もしかすると院政がさかんになった大きな原因の一つかもしれんわな。
逆に言えば幼い天皇でも宮中祭祀はできたということだが、
摂政か関白が代行していたのだろうか。
ていうか幼い天皇がいるうちは上皇は祭祀を代行するために、
院にはなれなかったのではなかろうか。
なので、天皇、上皇、法皇という三段構成が必要だったのでは。
ややこしいなあ。
ましかし、天皇家が神道以外に仏教も祭祀に加えていく過程で、
直系内での役割分担が必要になって、
自然とそうなっていったのかもしれん。
江戸時代に入ると天皇家が仏教の儀式をやらなくなった(国家仏教をしきらなくなった)ので、
法皇も不要になったのだろう。
最後は霊元天皇(在位1663年-1687年、1732年崩御)。

しかし皇位継承が男系に限るというのは良くできている。
女系もありとすると自分の息子(内親王と結婚してその息子か娘)を天皇にできる。
しかし、男系に限ると孫(娘を皇后に立ててその男子)を天皇にすることしかできない。
そもそも皇后に立てるというのはとても難しいが、内親王と結婚するのは割と簡単かもしれん
(女帝と結婚する必要はない。皇族の女性と結婚しさえすれば良い)。
義満も内親王の子だから、女系もありとするとあっというまに皇位継承対象者になってしまう。
女系を認めるかどうかというのはやはりかなり難しい問題な気がする。

ましかし、上記は皇位を簒奪しようというのが男であるという前提だが、
完全な男女同権の時代になってしまえば、
ある(野心ある)女性が天皇と結婚して自分の子どもを天皇にすることも可能なわけで、
あまり抑止力にならんわな。
ある意味尼将軍政子みたいなものか。
ま、ていうか、
野心ある女性が無理矢理天皇か親王と結婚して子供を天皇にするという状況があまり思い浮かばないけどな。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA