KDP価格無料設定

青空文庫のやつとかProject Gutenbergのやつとかブラックジャックによろしくとか、KDPで0円で売ってるじゃないですか。
でも、この仕組みがなんかややこしい。
印税は35%か70%のどちらかの設定で、
35%のときの最低価格は0.99us$、
70%のときは2.99us$
となっている。
だが、青空文庫ですでに無料公開されているとか、
佐藤秀峰の場合、自分の漫画 on Webで無料公開しているからという理由で、
KDPでは0円設定になっているようだ。

つまり、自分のサイトとかで mobi を無料ダウンロードできるようにしておけばアマゾンさんがそれを見つけ出して、
99円で売ってるやつを0円にしてくれる、ということらしいのだが、
なんでそんな仕様になっているのやら。
KDP未だに意味わかんない。

Visited 15 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA