エウメネス2 ― イッソスの戦い ―

投稿者: | 2016年7月9日

最初は「エウメネス2」か「イッソスの戦い」かどちらにしようか迷ったが、
結局間をとって「エウメネス2 ― イッソスの戦い ―」とした。

図版無し90枚くらいのはずが、図版あり225枚くらいになった。
かなりの大作だ。
最終的には250枚くらいになるだろうと思う。

「イッソスの戦い」がメインなのだが、だんだん書いていて「テュロスの戦い」もけっこういけるんじゃないかなと思えてきた。
この「テュロスの戦い」だが、あまり深く掘り下げて書いたものはなさそうだ。
むろん、イッソスにしろ、テュロスにしろ、アリアッノスの「アレクサンドロス東征記」を下敷きにしているわけで、
こちらのほうが細かいといえば細かい。
しかしほかの文献で補完したりしてかつ私なりの脚色と考察を加えているわけだから、
私のほうが詳しいといえば詳しい。
割と良い出来だと思う。

先に書いた『エウメネス』だがだいぶ整合性がなくなってきたので、少し書き換えた。
少しだけだけど。
最新版ダウンロードはアマゾンに個別にリクエストしてください。すみませんが、よろしくお願いします。
変えたところというのは、
まず、カルディアというポリスのことを誤解していた。
カルディア == トラキアのケルソネソス半島だと思っていた。
実際にはケルソネソス半島のごく一部。
また、エウメネスの母をトラキア人としていたのだが、フリュギア人に統一。

しかし、『ヒストリエ』ではなぜエウメネスをスキュタイ人としたのだろうか。
たぶんプルタルコスの『対比列伝(英雄伝)』の記述に引っ張られたんだと思うが、
『対比列伝』は、ローマ人についてはともかくとして、ギリシャ人の記述は民間伝承レベルで、決してよろしくない。と思う。
ヨーロッパからみたスキュティアは今のウクライナ辺りになるのだが、
北方のトラキア人を広い意味でスキュタイ人と言ったのだろうか。そうかもしれんね。

もうほとんど完成したと思うんだが、出版予定日は繰り上げずに予定どおりやると思う。
こまごましたところはゆっくり直していけば良いと思うんだけどねえ。KDPなんだし。

ちょっとだけネタばらしすると、
テュロスの戦いですごいのは、おそらくアレクサンドロスが世界で初めて「投石器を搭載した軍艦」を建造し、
実戦に投入し、これによって勝利した、
ということだと思う。
誰か前例を知ってたら教えてください。
無いと思うけど。
それまでの海戦はだいたい軍船どうしの戦いだったはずだ。一日で決着がついた。
しかしテュロスの戦いは軍船による島の上に建てられた城の包囲戦だった。
こんな戦いがテュロス以前にあったはずがない。
これがゆくゆくは米海軍による黒船襲来、マニラ艦砲射撃へとつながっていくわけですよね。
もちろん軍船の上で弩を使って撃ち合った、というようなことはあったかもしれんが。

でまあ、私としては、テュロスの戦いはもっと注目されて良いと思った。
と言っても、イッソスの戦いですら、日本ではあまり話題になることがないのだよね。

あと一気に読むのは長さもあって辛いと思います。
私も校正してて気絶しました。
地名や人名がたくさん出てくるのは勘弁してください。
そういうところは流し読みしていただけると助かります。

これを当てて、ゆくゆくは総集編を出したいよねえ(笑)

あ、あと、アマゾンが 50pt 付けてくれてるのはありがたい。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA