投稿者: | 2016年6月23日

amazon.co.jp ではなく、
amazon.com や
amazon.fr で読んでもらっている人が、
もちろんそんなに多くはないが、
いるらしく、
非常に光栄だ。

特にびっくりしたのは、海外の人で、
内親王遼子をリリースした直後にオーナーズライブラリーで読破した人がいるらしいということ。
と同時に非常に恐縮した。たいへん申し訳ない気持ちだ。
というのは、
6月4日にリリースして20日くらいまではけっこういじってたからだ。
その間に200枚が260枚くらいに増えたんじゃなかったかな。
挿絵も微妙に増やしたはずだ。
まだ誰も読んでないはずだと思って。

amazon.co.jp しか見てなくて気がつかなかった。
私自身あまり KDP 作家どうしつるむことがなく、一人で勝手に書いている。
どちらかと言えば、今の日本人ではなくて、外国人や未来の読者のために書いている気持ちだ。
NHKの大河ドラマみてツイッターでわーっとパズる感じ。馴れ合い。あれが嫌いなのだ。

たとえばだが、読者や、他の作家とキャッチボールをやるような感覚で、
定期的に作品を発表していく。
そういうやり方を私はしていない。
勝手に書き、勝手に書き換え、勝手に延期したりする。
申し訳ない。
でも少しだけ救われた気持ちになったことをここに書いておく。

今回分かったことは、

* 無料キャンペーンはやらなくて良い。
* とりあえず出版して、無料キャンペーンやるまではいじる、というやり方は良くない。
* 最初から完全版を出す気持ちできちんと書く。
* リリースできないなら延期する。
* amazon.co.jp 以外もちゃんと見る。

ということだろうか。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA