実朝・箱根山の歌。

> 箱根路を我越え来れば伊豆の海や沖の小島に浪の寄る見ゆ

> たまくしげ箱根の山のほととぎすむかふの里に朝な朝な啼く

> たまくしげ箱根の湖心あれや二国かけて中にたゆたふ (たまくしげはこねのみうみけけれあれやふたくにかけてなかにたゆたふ)

> ちはやぶる伊豆の小山の玉椿やほよろづ世も色は変はらじ

参考

> 足柄の箱根飛び越え行くたづのともしき見ればやまとしおもほゆ 萬葉集

> たまくしげはこねのやまをいそげどもなほ明けがたき横雲の空 十六夜日記

> ゆかしさよそなたの雲をそばたてゝてよそになしぬる足柄の山 十六夜日記

Visited 19 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA