草加

投稿者: | 2010年7月14日

出張で草加まで行く。広々としている。綾瀬川。ほとんど起伏無く真っ平らな、典型的な武蔵野。
武蔵野の広さを実感するには、浅草から日光までじっくり東武に乗ってみるとわかるだろう。
これが神奈川だと、だいたい川沿いには深い谷ができる。
崖にすらなっているが、神奈川の風景とはだいたいが山から川が出てくる谷地ばかりだからだ。
草加の綾瀬川などは、周りの土地に何の渓谷も形成していない。
つまりここは氾濫原であって、川筋が固定されたのはつい最近のことなわけだ。
これだけまったいらで広々したところに首都を作ればどれほど便利だっただろうか。
軽くロサンゼルスくらいの規模の街を作れるだろう。
だが、江戸時代にはそんなに広大な都市を造ろうという発想はなかったに違いない。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA