スイス兵の暴動の真実

投稿者: | 2011年12月16日

こちらにスイス傭兵の暴動についての非常に詳しい資料がある。
[The Swiss and the Royal House of Naples-Sicily 1735-1861 A Preview on the 150th Anniversary of the Surrender at Gaeta](http://schumacher-luzern.ch/images/B_The_Swiss_and_the_Royal_House_of_Naples-Sicily.pdf)

> One late evening in June 1859, the Court, thinking of rebellious Neapolitans, was panic-stricken when
hundreds of mutinying Swiss were approaching in a riot. What happened? In 1848 the Swiss Federal
Council abolished the Foreign Service but tolerated the contracts with Naples. In 1859, because of her
neutrality, Switzerland forbade flying the Swiss flags in Italy. Not all soldiers, however, accepted the
removal of the Swiss cross and wanted the King to restore it. A furious General Schumacher went to
meet the drunken mutineers and gave orders to wait on the Campo di Marte for the King’s answer. The
Queen, fearless as usual, watched the ghostly scene from her balcony. At dawn, after a rioting night, the
mutineers were encircled by the loyal Swiss who, as they refused to surrender, gunned them down. After
this incident the King made it optional for the Swiss to stay in his service. A lot went home, many stayed.

つまり、スイス連邦は1848年から傭兵の契約を廃止していたが、両シチリア王国に関しては依然として認めていた。
1859年に両シチリア王国は中立性を示すためにスイス国旗の掲揚を禁じた。
一部のスイス兵はスイス国旗掲揚を求めた。
スイスのルツェルン出身の将軍、フェリックス・フォン・シューマッハー男爵は、酔っ払って暴動を起こした兵士たちに怒り狂い、
マルテ広場で王の返事を待てと命令した。
翌朝、降伏を拒んだ暴徒たちは王に忠誠を誓うスイス兵たちに取り囲まれて銃撃された。
この事件の後、王はスイス兵たちに兵役にとどまるかどうか自由にさせた。多くは去ったが、多くは残った。

[フランチェスコ2世 (両シチリア王)](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%B32%E4%B8%96_%28%E4%B8%A1%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%8E%8B%29)

> 軍備面では長年にわたって国王の親衛隊を務めてきたスイス人傭兵隊の大規模な暴動が発生している。フランチェスコ2世は傭兵隊に待遇の改善を約束して彼らをなだめた後、軍に命じてスイス兵を皆殺しにした。暴動を鎮圧するとフランチェスコ2世はスイス傭兵隊の廃止を宣言した。

この記述は非常に間違っていて、誤解を与える。英語版の

> a part of the Swiss Guard mutinied, and while the king mollified them by promising to redress their grievances, General Alessandro Nunziante gathered his troops, who surrounded the mutineers and shot them down. The incident resulted in the disbanding of the whole Swiss Guard, at the time the strongest bulwark of the Bourbon dynasty.

も、実状を正確に言い表しているとは言いがたい。
スイス兵は長年両シチリア王国に忠実に仕えており、その中には将軍になったものや、男爵1に叙任されたものさえいた。つまりナポリに永住して貴族になったものすらいたということだろう。
暴徒となったスイス兵を他の忠実なスイス兵たちが銃撃して鎮圧した、というのが正しい。

いやあ、事実は小説より奇なりだよなあ。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA