亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

雑歌

富士

宗尊親王

駿河なる 富士の白雪 消ゆる日は あれどもけぶり 立たぬ日はなし

景樹

おほかたは 雪と雲とに うづもれぬ あまりに高き 富士のやまかな

景樹

富士のねを 木の間このまに かへり見て 松のかげ踏む 浮島が原

浮島が原にて
塙保己一

言の葉の 及ばぬ身には 目に見ぬも なかなかよしや 雪の富士の嶺

雪中眺望
真淵

雪晴るる 朝明けに見れば 富士の嶺の 麓なりけり 武蔵野の原

秋成

箱根路の 雪踏み分けて 真しらねの ふじの高嶺を 空にみるかな

秋成

もろこしを 出でていくかの 波の上に ふじの高ねは 見ゆとこそ聞け

武女

塵積もる 山てふ山を 重ねてや 名高きふじの 山となりけむ

真淵

いつの世の ちりひぢよりか なり出でて 富士ははちすの 花と見ゆらむ

二条光平

あけぼのの 春に見初むる ふじのねを 我れ宮人に 行きて語らむ

四条隆術

けふ見れば ほどもはるけき ふじのねも 同じ雲居の 空と知らるる

北小路道芳

吹く風に なびかぬ色や おほぞらの 雲と積もれる ふじのしら雪

烏丸光広

いかさまに 雪はすがたの ふじのねを ゑましくみする 春のあけぼの

清水宗川

富士の根は 国をへだてて 見しよりも ふもと行くほど なほ雲ゐなる

真淵

山々は 暮れぬる雲の 空になほ 夕日を残す 富士の白雪

日がね峠といふにのぼりて富士を見侍りて
京極高門

山とみむ 山もなきまで のぼりても 雲ゐに高き ふじの白雪

富士川
真淵

夜舟こぐ 富士の川戸に 霧はれて 高嶺に出づる 月を見るかな

千代田の岡にのぼりて
田中久三

しもふさと むさしを分くる すみだ川 かへり見すれば 富士の真しらね

あふり山

真淵

藤沢や 野沢にごりて 水上の あふりの山に 雲かかるなり

千蔭

さがみ路は 夕立ちすらし ひさかたの あふりの峯に 雲ぞおほへる

田中久三

春まだき あつぎの里の 阿夫利山 いただきの雪 いつか消ゆらむ

田中久三

阿夫利山 あふげば雪は 積もれども 里のさくらは 咲き初めにけり

社山
真淵

四方はみな 壁立ちのぼる やしろ山 大国魂や 造りましけむ

箱根山
真淵

ふるさとの 空さへ見えぬ 箱根山 越ゆるうまやの すずろにぞ憂き

箱根
塙保己一

松の火も 木の間に見えて 箱根山 明けゆく峯ぞ なほ遥かなる

碓氷にて
塙保己一

もみぢ葉の うすひの御坂 越えしより なほ深からむ 山路をぞ思ふ

畝火山
宣長

畝火山 見ればかしこし 橿原の ひじりの御代の 大宮どころ

隅田川

千蔭

隅田川 岸のむら葦 枯れふして 甲斐が嶺遠き 夢を見るかな

片瀬川

宗尊親王

帰り来て また見むことも 片瀬川 にごれる水の すまぬ世なれば

田中久三

いまさらに ほかへうつるも 片瀬川 にごりし水も すみなれにけり

田中久三

北川正種妻吟賀

あすをさへ 頼まぬ老いの みなせ川 けふ人なみに ありて行くとも

柘植知清

山川や 落ちくる浪の 早瀬にも 住み馴れけりな 魚のひれふる

神田川 きしべにいでて ながむれば 冬のさなかに 桜ふふめり

秋成

都をば 夜ごめに出でて 朝日山 あさ風涼し 宇治の河づら

後鳥羽院

かもめ鳴く 入り江に潮の 満つなへに 葦の裏葉を 洗ふ白波

秋成

わたつみの そこともしらぬ とまりして 袖には波の かけぬ夜もなし

大田南畝

しばしとて やすらふ芝の浜庇 ひさしくみれど 飽かぬ海づら

宗尊親王

みわたせば 潮風荒し 姫島の 小松がうへに かかる白波

宗尊親王

浮き枕 まだ臥し馴れぬ 笹島の 磯越す波の 音の激しさ

秋成

伊豆の海を 漕ぎつつくれば 浪高み 沖の小島の 見えかくれする

頓阿

つねよりも 見るぞ間近き 須磨の浦や 雨の晴れ間の 淡路しま山

閑居

小町

山里は もののわびしき ことこそあれ 世の憂きよりは 住みよかりけり

躬恒

世を憂しと 山に入る人 山ながら また憂きときは いづち行くらむ

後鳥羽院

長き夜を ながなが明かす 友とてや ゆふつけどりの 声ぞまぢかき

後鳥羽院

あかつきの 夢をはかなみ まどろめば いやはかななる 松風ぞ吹く

田家老翁
井上文雄

山里は 麦まき蚕がひ 種おろし 老いたる人ぞ 暦なりける

敬蓮

山深く まれにもたれか かよふらむ 苔に跡ある 谷の岩橋

山家鴬
三好長頼

しづかなる 軒に馴れ来て これもまた 憂き世をよその 谷のうぐひす

夕風
円重寺宗俊

さびしさに たへぬ夕べの 柴の戸を おとづれてゆく みねの松風

田家雨
宮川松堅

さびしさを 人に見よとは むすばじを 雨の夕べの 小山田の庵

宮川松堅

寝覚めては こころづくしや もろこしの 草の庵まで 思ふ雨の夜

山中滝音
宮川松堅

滝波は ただここもとに 聞きしかど 行き見むことは いく岩根踏む

海眺望
宮川松堅

拾ふべく 思ひしかども 忘れ貝 難波の浦の 飽かぬながめに

秋成

風の上に 立ち舞ふ雲の ゆくへなく あすのありかは 明日ぞ定めむ

秋成

花に咲き 絹に染めつく くれなゐの うつろふ色を 見果てずもがな

蜘蛛
秋成

世の中は かくにもありけれ 軒わたる 蛛の巣がきに 秋の風吹く

秋成

軒こぼれ かはら砕けて 古寺の 蛛の網にも 月のかかれる

橘曙覧

たてがみを とらへまたがり 裸うまを あづまをのこの あらなづけする

橘曙覧

我が歌を よろこび涙 こぼすらむ 鬼の泣く声 する夜の窓

橘曙覧

灯もし火の もとによなよな 来たれ鬼 我が秘め歌の 限り聞かせむ

橘曙覧

すずり石 きしろふ音を 友にして 歌かきつけつ 今日もひぐらし

蘆庵

踏み分くる 我れより先の 跡もなし 朽ち葉に埋む 木々の下道

蘆庵

西に暮れ 東に明けて 出づる日の 今幾巡り 我れを照らさむ

貞徳

雲と見えば こよひの月に うからまし よしや吉野の さくらなりとも

宗良親王

春秋の しづがしわざも 馴れて見つ 田の面の庵に 年を経ぬれば

御製

人はいさ 心は知らじ 独りただ 昔の文を 見てぞしのばむ

良寛

世の中に まじらぬとには あらねども ひとり遊びぞ 我れはまされる

閑中灯
藤原為成

かかげても なほかげくらき ともしびに 独り起き居て むかふさびしさ

吉田兼好

さびしさも ならひにけりな 山里に とひ来る人の いとはるるまで

頓阿

住み慣れて 年ぞ経にける 山里の 松を昔の 友と見るまで

頓阿

静かなる 山は月日の 遅ければ 老いてぞいとど 住むべかりける

頓阿

耐へてよも あらじと思ひし 寂しさも 慣るれば慣るる 山の奥かな

鎌倉

静御前

鎌倉の 見越しが崎に 寄する波 岩だにくやす 心砕けて

源顕仲

鎌倉や 見越しが岳に 雪消えて 美奈の瀬川に 水まさるなり

京極関白家肥後

われひとり 鎌倉山を 越えゆけば 星月夜こそ うれしかりけれ

宗尊親王

ととせあまり いつとせまでに 住み馴れて なほ忘られぬ 鎌倉の里

宗尊親王

今は身は よそに聞くこ そあはれなれ むかしはあるじ 鎌倉の里

田中久三

もののふの ふりにし墓を たづねつつ 登れば険し 鎌倉の山

温泉

詠み人しらず

足柄の 土肥の河内に 出づる湯の 世にもたよらに 子ろが言はなくに

源兼昌

わたつうみは はるけきものを いかにして 有馬の山に しほ湯出づらむ

藤原為忠

絶えず沸く 出で湯有馬の あたりには 冬も消ぬらし 霜はおけども

源頼政

方々に 出で湯はおほく 聞きしかど ななくりへこそ わきて来けれ

相模

尽きもせず 恋に涙を わかすかな こやななくりの 出で湯なるらむ

俊成

有馬山 雲間も見えぬ さみだれに 出で湯のすゑも 水まさりけり

秋成

みぞれ降り 夜の更けゆけば 有馬山 出で湯の室に 人のともせぬ

待賢門院堀河

沸き返り 思ふ心は 有馬山 絶えぬ涙や 出で湯なるらむ

実朝

都より 辰巳に当たり 出で湯あり 名はあづま路の あつ海といふ

実朝

伊豆の国 山の南に 出づる湯の はやきは神の しるしなりけり

実朝

わたつうみの 中にむかひて いづる湯の いづの御山と むべもいひけり

実朝

走る湯の 神とはむべぞ 言ひけらし はやきしるしの あればなりけり

田中久三

海に入り 川に流れて 出づる湯の 尽きせぬ国か やまとしまねは

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.