あいかわらず trlr で遊ぶ.

投稿者: | 2000年7月22日

ぶつぶつ文句をいいつつもはまっていく.

ドリキャスマガジンの trlr の記述は雑でさっぱり意味をなさない.
他に書くこともないんだから,もっと詳しく書けば?

いま
このへんまで来た.
As the saying goes, practice makes perfect
とか書いてあるのが身につまされる.
何度も何度も同じ事をやらされる!

日本製のゲームとは明らかにモノが違う.
ララの顔がテクスチャマッピングでまるで「南極一号」のようだ.
シェンムーや D の食卓 2 はそれほどでもないが,
バイオハザードは「雛人形」のように「顔」に凝る.
日本人(というか日本のユーザ)はそういう,
まあアメリカ人に言わせればゲームの本質には関係ないところに凝るわけだね.
あといわゆる隠面除去 (hidden surface removal) の判定や,
当たり判定 (collision detection) が甘い.

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA