身の振り方

投稿者: | 2013年6月7日

だいたい20年前に働き始めてその職場をたった4年で辞めたのは時期尚早だった気がするのだが、
しかしそのまんまその職場にいたら、動くタイミングを失っていただろうと思う。
川越のほうで4年間働いた。悪くない思い出だ。
あれがなければ『川越素描』を書くことはなかったのだし。

それから厚木のほうへ移った。
今までずっと、転職したことが、正しかったのかどうか半信半疑だった。

今思うと、やはりいろんな職場を転々としたほうが楽しかったのだろうと思う。

昔やってた研究、昔入ってた学会、昔の人脈などどんどん切り捨てて、今は小説書くのが一番、
CG作るのが二番くらいでやっている。
もしもとの職場にいたら、私はただの研究者で、
一生涯ずっと研究者で、
CGクリエイターまがいのことをやることもなく、小説も書かなかっただろうと思う。
たぶん。
かなり高い確率で。
ふと気付くと高校生の頃の自分に戻っている、個人的に活動していることは、だが。

30代の頃はまってた学会活動は、結局続かなかったわけだが、
その反省は小説のネタにはなっているので、全く無駄ではなかったというか、
あの試行錯誤がなければ、今の自分の立場はない。
そういう意味ではやりきったというか。
わかった上で惰性で続けるのを辞めたというか。

あと、10年か15年か働くかしらんが、
もう終わりは見えてきたのだから、
自分のやりたいことだけやってればいいだろうと思う。
やりたくないことをわざわざやらんでもいいだろう。
どんどんつぶしのきかない方向にいっているのは怖くもある。
普通に群れていた方が安全なのだが。

だがね、群れるのが好きなら好きで、やりようはあったはずなんだ。
いつも群の中心に居るように、努力すりゃいいんだから。
でも、自分のやりたい仕事だけやるってことが、
どんだけ楽か、
最近如実に感じる。
自由業で食っていければ、それが一番いいに決まっている。
少なくとも私には、会社員として縛られることに、組織の中で競争することに、何の興味も喜びもない。

当面、勢いで自由業者にならないように、気をつけていようと思う。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA