栃木弁と群馬弁

投稿者: | 2012年8月9日

群馬には訛りがない。栃木や茨城は訛りがひどいという。いわゆる東北弁だ。
群馬に近い長野にも訛りがないという。
静岡も神奈川もけっこうなまっている。

東京の山の手言葉が長野群馬から来たということを意味している。
なぜか。
ずばり、ここが足利氏の故郷だからだ。
足利幕府発祥の地だからだ。
こんなへんぴなところの言葉が日本の標準語となったのだ。
それ以外考えられない。

足利市は厳密に言えば栃木だが、ほとんど群馬である。
栃木でも訛りがきついのは茨城に近い方だろうと思う。
私は足利市に行ったことがないのだが、
ここの人たちは正確な標準語を話しているのに違いないと思っている。
少なくとも群馬の高崎や前橋あたりの人の言葉は自然と標準語になっている。
また、訛りのきつい栃木県人も知っている。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA