武士の歌

投稿者: | 2010年9月7日

新選組始末記には、武士の歌の引用も多い。
清河八郎

> 魁けてまたさきがけん死出の山迷ひはせまじすめらぎの道

> 砕けてもまた砕けても寄る波は岩角をしも打ち砕くらむ

> 君はただ尽くしましませおみの道いもは外なく君を守らむ

宮部鼎蔵

> いざ子供馬に鞍置け九重の御はしのさくら散らぬその間に

田中寅蔵

> いづかたも吹かば吹かせよこの風よ高天原はまさに吹くまじ

> 四方山の花咲きみだる時なれば萩もさくさく武蔵野までも

松田重助

> 一筋に思ひこめてし真心は神も頼まず人も頼まず

伊東甲子太郎

> 夜の鶴子を思ふやみに迷はぬぞげにたのもしきやまと魂

> 世のために尽くすまことは三島なるかしこき神もしろしめすらむ

> するがなる富士に積もれる白雪はすめら御国の光なりけり

> ちりひぢの身はいかにせむけふよりはすめら宮居の守りともがな

> ますらをの涙の雨のかかる夜に道なたがへそ雲のうへ人

> ますらをの武き心のさきがけて世にも知られむ梅の香ぞする

> 数ならぬ身をば厭はで秋の野に迷ふ旅寝もただ国のため

> 国のため落つる涙のそのひまに見ゆるもゆかし君のおもかげ

鈴木三樹三郎

> 死にてなほ君につかふる真心は千歳を経とも朽ちるものかは

うむ。やはり伊東甲子太郎が数も多いが出来も良い。
というか、きちんと詠んでいる。
出身が水戸の近くだから、水戸学の影響を受けているようにも思える。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA