夢金

投稿者: | 2011年1月21日

船宿が出てくる落語に、夢金と言うのがあるのだが、
吉原の山谷堀にある船宿で、隅田川に出て深川まで行くと言う話。
三遊亭円生の話を聞いていると亭主と女将は一階にいて、船頭の熊五郎は二階で寝ている。
古い柳橋辺りの写真を見るに、この頃の町屋はほとんどが二階建て。
柳橋新誌の記述とも符合する。
深川でも妓楼とは言わずに船宿と言っていたらしい。

> 家に必ず楼あり。楼に内外あり。小なるものは外楼あるのみ。家人皆下に棲止して、客を楼に迎ふ。
その舟子を畜ふ、上は四五人を食ふ。下は一二人を食ふ。

思うに、船宿というのは、普通の二階建ての町屋のようなものだったろう。
多くの商店のように、間口は狭く、奥に長い。
表に面した二階が客に貸す客間、奥の二階には、船頭が待機・休憩していたのではなかろうか。
一階は通りに面して玄関と帳場があって、その奥に亭主と女将一家のすまいがあったのだろう。

思うに柳橋というところは、戦後日本の駅前商店街のように、船宿は船宿、料理屋は料理屋、
酒楼は酒楼、などというように個別の専門店が立ち並んでいて、相互に補完していた。
町全体でいろいろまかなった。
船宿の座敷は個別のこじんまりしたレンタルルームのたぐい、酒楼は広間をシェアするようなものであり、
密会には船宿の方が都合良いのであろう。
一方、吉原などでは、「張り見世」などで大勢の遊女が集められていたのように、
妓楼一つ一つが独立したスーパーマーケットのようなものだったに違いない。
その建物も巨大で、三階建て、四階建ては当たり前。
従って同じ芸者と言っても吉原と柳橋では全くシステムが違っていたのだ。

落語の中ではまた「屋根舟」という言葉が出てくる。
これも古い写真などで確認すると、普通の川船に簡易な屋根を設けた程度のものであり、
五、六人も乗れば満員、船頭も一人きりで、竿をさして移動するもののようだ。
船宿が所有する舟のメインはこれ。
これに対して屋形船というのは何十人も乗れて中には畳の座敷のようなものまであるもので、
幕府の免許(株)が必要で、柳橋新誌の頃には七隻に減っていたという。
つまり、屋形船は大きすぎのろすぎて、洒落と便利を尊ぶ「遊び」には向いておらず、
皆屋根船を使うようになったということだろう。

屋根船よりも簡易で船足の速いのはチョキと言い、
急に山谷堀まで遊びに行きたくなったときなどに早駕籠代わりに使ったという。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA