亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 5月, 2010

享和元年宣長上京の理由

05.28.2010 · Posted in 和歌

あいかわらずのネタ。 宣長日記享和元年三月十六日(グレゴリオ暦1801年4月28日)、

公卿勅使花山院右大将殿(愛徳卿)御参向、今夕当所御泊。 藤浪殿亦御参向、一時許先給、同泊。 抑、公卿勅使参向者、去寛保元年有之(庭田宰相殿)。 其後今度也、尤珍。

さらに十八日

公卿勅使御還向、当所御休。

この十日後の二十八日に宣長は京都に向かっている。

花山院愛徳は当時、 右近衛大将、従三位くらいだったと思われる。 藤波家もまた公家。 御参向、御還向とは、伊勢神宮に勅使が行き帰りしたという意味だろう。 「当所御泊」の「当所」とは文脈的に宣長宅とは考えにくく、単に松坂のどこかの宿に宿泊したということだろう。 「一時許先給同泊」とは、一時的に先に行くことを許されたがやはり同じく泊まった、というような意味か。

勅使が松坂を行き来したことは書かれているが、勅使と宣長が面会したかどうかまでは書いてない。 面会したとしてどちらがどちらを訪れたか。 だが、宣長の上京がかなり長期にわたり、また入門や講義などの準備がかなり周到で、 公卿らの表敬訪問や歌会などもあったことを思えば、 ただ単に京都から来た勅使を見て宣長が急に京都行きを思い立ったというよりも、 京都の公卿か富裕な町人たち(富小路貞直、服部敏夏らか)から勅使に託して宣長宛の招待状のようなものがもたらされて、 もともとそういうことは好きなたちの宣長が、では京都にいこうかとなった、というのが真相なのではないか。 当時の宣長の名声からしてあり得ないことではない。 だが、日記にもどこにも明記されてはいない。 なんか微妙な事情があってその辺は日記に残したくなかったのかもしれんし。 宣長が、松坂に宿泊した勅使のもとをおとづれて、宣長の京都での評判などを聞いて、その気になった、という可能性もあるし、 逆に、勅使が行き返りわざわざ宣長に念押しした、とも考えられるわな。

勅使が寛保元年以来だと書いているが、1741年から1801年まで、60年もの間、 京都と伊勢神宮との間の勅使の往来が途絶えていたという意味か、 単に松坂を勅使が行き来したのが60年ぶりという意味か。 京都・松坂・伊勢の位置関係からして、伊勢に行くには必ず松坂を通るに違いなく、 わざわざ松坂を迂回する意味も見あたらないし、「尤珍」という言い方からしてどちらかといえば前者の意味か。 庭田宰相とは時代的には庭田重熈か。

宣長の遺品は奇跡的にほぼ100%残されているそうだ。 なので、普通なら残ってないようないろんなディテイルまでわかってしまう。 だが、ディテイルがわかればわかるほどさらにその先のディテイルまで知りたくなる。 宣長上京については、いろんな日記が残されているが、 当たり前のことだが、自分の関わった部分、自分に関心のある箇所しか残ってない。 香川景樹とやりとりした歌は景樹の歌集や遺稿にしか残ってない。 ホスト役の公卿や町人の日記も当時は存在していたかもしれないが、今は残ってない。 それらをすべてつきあわせたらきっともっといろんなことがわかるのに。

享和元年宣長上京の理由 はコメントを受け付けていません。

科挙

05.26.2010 · Posted in 和歌

某つぶやきでエキサイトしてしまったのだが(あれは「もう寝ます」とか言ってやめるべきだっただろうか)、 もともと考えていたことは別のところにあって、中国が、アヘン戦争以来、西欧列強にぼこぼこにやられて、 とうとう科挙というものが廃止されて、西洋の学問体系や教育制度が採り入れられた。 そのとき、政治家や軍人を登用するのに詩人の素養を試験するのはおかしいうんぬん、だから中国は負けたのだということが言われるようになった。 中国では高級官僚は詩が作れた。 日本でも貴族は和歌をたしなんだ。 東アジアではずっと支配者階級、特権階級が詩歌を文学的な教養の基礎においてきた。 だが今はそんな教育はしない。 そんな教育はすでに否定されてしまった。

もし政治家や官僚や軍人やあるいは思想家が歌を詠むと弱くなるとか、 歌詠みの素養は政治とは関係ないとか、 歌詠みは国を滅ぼすとかいうとしたら、その反例はいくらでもあげることができる。 足利高氏、吉田松陰、頼山陽・・・。

つまり今の世の中は、政治家や官僚を養成するのに、西洋の法学とか経済学とかを大学で教えるのが当たり前なんだが、 なぜ国語ではいかんのか、国語の中でも詩歌ではいかんのか、大学入試に歌を詠むということがなぜないのか、 小論文ならあるのになぜ詠歌はないのか、なぜ国語教育は、 かつてのようではないのか、ということをつらつらと考えていたのだ。

科挙 はコメントを受け付けていません。

田植え

05.25.2010 · Posted in 和歌

古くは「田植ゑ」という言葉はなかった。 歌には「早苗取る」という言い方なら良く出る。 苗代の早苗を取って田んぼに移し替えるわけだが、 その田んぼに移し替える作業、つまり田植えに相当する言葉がない。 苗代に水を「堰き分く」とも言う。 その前の段階で田かへし(「耕し」の語源)、田おこし、というのもある。

つまり、歌に詠まれるのは、田を耕して、苗代に水を入れてその苗を取るところまでで、 その後の農作業はいちいち歌にしなかった、ということか。

田植え はコメントを受け付けていません。

陰暦・陽暦変換

05.21.2010 · Posted in 歴史

探せばけっこうあるのだが 換暦 などがシンプルで便利か。

陰暦・陽暦変換 はコメントを受け付けていません。

享和元年上京日記

05.21.2010 · Posted in 和歌

宣長は十代後半から二十代後半まで、京都遊学のために何度か京都と松坂を往復している。 その後では、寛政二年(1970)、寛政五年(1973)、享和元年(1801)の三回しかないようだ。 寛政二年の上京は、御遷幸、 つまり新築された御所に、天皇が仮御所から帰るところを見物に行ったものと思われる。

宣長晩年の上京は四月十五日賀茂祭から六月初旬祇園祭までの長期間で、知人宅に泊まるというのでなしに、 四条通東洞院の宿に宿泊し、なかなか豪勢な旅だったように思われる。 四月十五日の賀茂祭の日には小沢蘆庵宅をたずねている。 「京みやげ」という記録に

賀茂の祭りを見奉りて 宣長

四十とせはよそに過ぎぬる神わざにまたもあふひのけふのたふとさ

蘆庵

ちはやぶる神のみわざのたふとさになほよろづ世もあふひとを知れ

返し 宣長

よろづ世も八百万世も君も我もともにあふひのよはひともがな

とある。さらに「鈴屋大人都日記」には、蘆庵の門人の小川布淑が

めづらしくけふぞあふひのもろかづらもろともにませ八百万世も

と詠んだとある。 これはなかなかの壮観ではなかろうか。

錦小路室町の服部五郎左衛門敏夏(服部敏夏)が四月早々に宣長に入門している。 五月十八日の円山の饗宴はこの人の主催だったというから、京都のお金持ちだったのだろう。 「鈴屋大人都日記」「京みやげ」にもいくつか歌が記録されている。 京都における宣長の重要なパトロンだったに違いない。

「鈴屋大人都日記」

敏夏がいざなひきこゆれば、午時ばかりより、泉涌寺にまうで給ひて・・・、かくて未時ばかりに、円山にものしつるに、 人々つどひゐて出迎ふ。そもそも、この円山と言ふは、東山の寺なるを、鰭の広もの狭ものを調じ出づれば、 京人田舎人雅びたるたはれたる、絶えず遊びをものする所なりけり。 けふは敏夏があるじにて残るくまなく心をし用ひければ、まづ南面払ひ開けさせて、日影さすかたには幕引きはへしつらへたれば、 吹く風もことに涼しくなむ、松杉など生ひ茂り、作庭のさまおかしうしなしたり。 すのこより見やれば、京の町々西山かけて見えわたるもえならぬながめなり。

香川景樹も出迎へて、御旅ゐにものすべう思ひわたり侍れど、とやかくやとことしげくてなむ、 けふここへものし給ふことを嬉しく思ひ給へて、ふりはへてものし侍り。著し給へる御書どもは、早う見奉りてみかげをかうぶる事少なからず、 いとめでたくなむなど言ふ。 師もなにくれと語らひ給ひ、人々酒のみ歌いののしり、心々に歌をも詠みて、暮れ深く帰り給ふ・・・

「都日記」を書いた石塚龍麿は香川景樹とほぼ同世代で、すでに知り合いでもあったかのような書きぶり。

「享和元年上京日記」同じ箇所

今日、服部敏夏のあるじにて、円山に到り、終日饗宴、日暮れて帰る。香川式部、対面。右の人、予、旅宿へ訪ね来たき由かねがね望まるる所、 今日ここへ来訪なり。

宣長は「対面」と言っているので、入門したわけでも教えを受けたわけでもなく、 この若輩の歌人に、一応対等の立場で応対したのだろう。 景樹がすでに宣長の著作を読んで勉強しており、なんとしても面会したいと押しかけてきたという感じがややおもしろい。

享和元年上京日記 はコメントを受け付けていません。

寛政五年上京日記

05.21.2010 · Posted in 和歌

あいからわずのネタ。

宣長の寛政五年(1793)上京日記(全集第16巻)。 四月十一日(陽暦5月20日)、蘆庵宅訪問。

蘆庵

来む年を契りおけども老いぬればけふの別れをしばしとぞ思ふ

かへし。宣長

しばしとて立ちもとまらば松陰に千世や経なまし飽かぬ心は

千世八千世長らへて待てながらへて我もとひ来む来む年ごとに

また別の箇所に

道のついでに小沢蘆庵といふ歌人の岡崎なるいほりにとぶらひものしてたるに軒ちかくたてる松はわかの浦よりうつしたるなりと聞きて、 あるじの雅びを思ひよせて

宣長

思はずも都ながらにわかの浦のこ高き松をけふ見つるかも

この庵南に向かひて東山の見わたさるるいとおもしろし

見るか君ひむがし山の花の春月の秋をも宿のものにて

とよみけるに

本居翁のことの葉は松のおもておこしなめればこの庵に残してむと思ふついでに

蘆庵

春ごとに松はみどりもそへてけり年のみ高き我や何なる

とぞうめかるる庵の見わたしはげに四の時うつりゆくをりをり飽かぬことなくなむ

蘆庵

わがものの君に贈らで悔しきは野山をいるる庵の明け暮れ

とありけるかへし

宣長

年のみと何かはいはむ君が名は松より高く聞こえける世に

春秋の野山をいるる言の葉にその月花も見るここちして

亡くなった年は同じだが、蘆庵の方が宣長よりもだいぶ年配なので、 常に宣長が蘆庵を敬っている雰囲気が伝わってくる。

他にやりとりした歌があるかどうかわからない。 六帖詠草の方には宣長の歌は見あたらないようだ。 がしかしもう少し調べてみる。

寛政五年上京日記 はコメントを受け付けていません。

静養中

05.19.2010 · Posted in 雑感

昨日は午前の9時から20時くらいまでぶっおしで働きそのあと0時過ぎまで遊んだ。 風邪引きなのに。 起きたらもうろうとしてた。体重もかなり減っていたらしい。 らしいというのは、朝、爆食爆飲したあと計ったからだ。

もう少し静養する。 午後から働くかどうかはまだ決めてない。 風邪は最終段階のようでそろそろ治ると思う。

静養中 はコメントを受け付けていません。

上田合戦

05.19.2010 · Posted in 読書

サマーウォーズにちらっと出てくる 上田合戦 だが、なかなか面白そうな話だな。 三河物語も読んでみたい。 面白そうな話が多すぎて困る。

あずまきよひこ.com に書いてあったのでつい反応した。

いや、安彦良和の三河物語なら、もう読んだのだが。

上田合戦 はコメントを受け付けていません。

享和の上京

05.17.2010 · Posted in 和歌

宣長の享和の上京の件だが、門人と京都の学者らがみなで資金をまかなったのだろうか、 二ヶ月半もの長い間、松坂を離れている。 72才の最晩年に、歩いて行ったとも思われない。馬か、籠か。 四条烏丸という、今でも一番繁華な辺りに宿泊している。 「天の下に住ままほしき里は京をおきてほかにはなかりけり」などとも言っているし、

涼しさに 夏もやどりも ふるさとに 帰らむことも みな忘れけり

などと言っているのはよほど京都が気に入ったからでもあろう。 この年、1月には和歌山に居た。 それから詠歌を見るに、2月24日に仁徳天皇陵、その後法隆寺やなどを旅行している。3月1日に帰宅。 3月28日出発。

鈴鹿山 坂の下道 分け暮れて 関はなけれど 泊まりぬるかな

などと言っている。 29日、鈴鹿山越え。30日、勢多。 4月京都で(グレゴリオ歴では5月13日。ちょうど今頃だ罠)

さみだれと春の雨との中空も晴れやらでのみ日数ふるかな

4月8日、平野神社で

神垣や春思ほゆる桜かな並木の青葉かげ暗きまで

すでに葉桜だったようだ。 10日、清水寺に行こうとしたがにわか雨にあって、六波羅蜜寺に雨宿り、

かきくもり思ひもかけずふる雨に古寺たのむふることのとも

12日、清水寺

見渡しにさはる青葉はつらきかな桜が枝も花ならぬころ

清水に我も夏来て桜木の青葉に春をしのぶこのもと

などとまたしても葉桜を憎んでいる。

14日、東山双林寺・長喜庵、閑居時鳥、山花盛を題に歌会か。

15日、賀茂の祭り。

よそとせはよそに過ぎぬる神わざにまたもあふひのけふのたふとさ

40数年ぶりに葵祭を見たという、なかなか良くできた歌。

18日、先に伊勢に帰る人たちを送る。

28日、中山殿。

5月2日、富小路貞直が宿に来訪。

5月28日(グレゴリオ歴で7月8日)、香川景樹と東山の吉水弁財天のほとりで納涼。 桂園一枝拾遺に「都のわかれがたきことなどいへるに」などとある。 また、丸山の左阿弥、ともある。 今も円山公園内に「左阿弥」という料亭があるようなので、これのことか。 「安養寺「円山の六坊」の一つと数えられ、文人墨客の集うところとなり風流の限りが尽くされた」とか。 料亭になったのは幕末からのようだ。

この頃、鴨川納涼で多くの人と歌を詠み交わしたらしい。

6月9日(グレゴリオ歴で7月20日)、大津の湖畔で京の見送りの人々と別れる。

6月12日、帰宅。

うーむ。宣長と景樹の出会い。 ディテイルが分かればわかるほど、もっと詳しく調べてみたくなる。 景樹は当時まだ33才。 従六位下に除せられ、長門介に任ぜられたのは、その2年後。 29才で香川家の養子となったばかり。 36才で離縁。 すでに老境の加藤千蔭と村田春海から「ふでのさが」という批判を受けたのは、 34才、批判されたということはおそらくすでに鼻持ちならない存在だったということだろう。

なんというか、断片的な情報を少しずつつなぎ合わせていく作業がもどかしい。

享和の上京 はコメントを受け付けていません。

養子

05.17.2010 · Posted in 和歌

江戸時代は、いやつい最近まで日本では、家を絶やさないために養子をとることが多かった。 家が産業であり(学者の家ならば学問でもあり)、家が財産であり、家が共同体であったからだが、宣長も大平を養子にしている。 大平が弟子の中で特に良く出来たからでもあろうが、実子が眼病で、家業を継がせられなかったからだろう。 玉勝間を読んでいると、11の巻に「本生の父母」という話があって、 実父実母というのは、養父母の方を虚構のようにみなす心ばえであって、よろしくないから、 養父母に対して本生の父母と呼んではどうかなどと書いている。

養子 はコメントを受け付けていません。