亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

中国と台湾

03.08.1996 · Posted in 雑感

アダムは今月中に中国が台湾をミサイルで攻撃するという. 今月中に中国と台湾が戦争を始めるかどうかという話であるが, 第二次大戦後,中国が攻めた国といえば韓国,チベット, ベトナムで,いずれも地続きで,わーーと人海戦術で攻めたのである. そのうち本当の意味で勝てたのはチベットくらいしかないのである. 台湾は韓国くらいには強いであろう. 戦争しても勝てるかどうかわからないような相手と戦争するとは思えない. それに,台湾もミサイルは持っていて,上海はおろか武漢まで届くのだそうだ. 中国が台北にミサイルをうちこめば台湾も上海にミサイルをうちこむだろう. どちらも被害甚大である. ベトナムを攻めてたころの中国には失うものなどなかったが,今の中国には戦争を仕掛けたことで失うものが多すぎる. だから戦争なんておこりようがないのである. 中国はソビエトと同じで自分よりずっと弱い国しか攻撃しない. 歴史的に. と思うのだが.

それに,攻めるぞ攻めるぞといってるときは攻めないで, 黙っているときに急に攻めるのが戦争というものだ. そもそも奇襲なんてことができる国は50年前のドイツと日本くらいだ. アメリカなんかは,あれは議会でさんざん議論してからしか戦争ができないから, 短期決戦はできるかもしれないが,奇襲なんてことはやりたくてもできない国である. そもそもアメリカは奇襲が下手なうえに, 失敗すれば国民に批判されるから正攻法でやるしかないのである. アメリカなら,議会で戦争しますよ,と決まれば本当に戦争するだろう. だが,中国なら,人民会議で戦争するぞ,と言っていても戦争するとは限らない. それだけならただの脅しにすぎない. 中国が戦争しようと思ってるなら,黙って国境に軍を集めるだろう.

何かで読んだ話だが,中国と台湾の関係にアメリカは介入するかどうか, という質問に対して, アメリカは介入しないと言えば中国は野心を抱くかもしれない. 朝鮮戦争のときがそうだった. 助けると言えば台湾は安心して中国を挑発するだろう. だから,アメリカの態度が不確定であることが平和をもたらすのだ, とアメリカの政府高官がこたえたという. 一般人にはしり得ない駆け引きがあるに違いない (新聞の小さな記事まで注意深く読んでいるとある程度までは わかると思うのだが).

※アダムというのは当時同僚だったポーランド人。

Comments are closed