Sword of Gideon

投稿者: | 1997年5月17日

「ギデオン」というのを借りた.
原題は Sword of Gideon.
これは,ミュンヘンのオリンピック村で起きたテロに報復するために,
その 7 人の首謀者に対して,モサドが 5 人の刺客を送る…という話.

ミュンヘンのオリンピック村のテロ事件というところまでは,
少なくとも実話なのだろう.
1 人がその場で射殺され,
11 人が人質になったが,
ドイツ軍の強行突入作戦が失敗し,
11 人全員が手榴弾で爆死するという凄惨な結末になった.
字幕で「スパイ」と訳されているところは英語では
secret agent とか agent of Mossad などと言っていた.

ギデオンといえば,
国際ギデオン協会の聖書が有名だ.
ホテルにもよく置いてあるし,
私が学部生のころは大学でときどきただで配っていた.
ちょっと気になったので調べてみたら,
ギデオンというのは士師記に出て来る人で,
イスラエル人がミデアン人に支配されていたときに
現れた預言者(指導者)とのこと.
ミデアン人はイスラエル人に征服され,そののち再起することができず,
またギデオンが生きている 40 年間イスラエルでは平和が続いたそうだ.

さて,ギデオンには 70 人の子供がいたが,
そのうちの一人のアビメレクという人が,
自分の兄弟を皆殺しにして王になった.
ただしヨタムという人だけが逃げて助かり,アビメレクを呪った.
しばらくしてアビメレクは彼を王に立てた民と不仲になり,
その民を攻めている途中に,
ひとりの女が落した石臼に頭蓋骨を砕かれて死んだそうだ.
ふーん.

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA