蝙蝠を撃て!

雁屋哲が「週間金曜日」で
「蝙蝠を撃て!」という漫画の原作をやってるらしい.
「諸君!」によれば「左翼版ゴーマニズム宣言」を試みたもの,
だそうである.
今度読んでみるかな.
ここで言っている「蝙蝠」とは
戦後の「転向」とか「反動」のことらしい.
例えば,江藤淳.
私の知る限り,かつてこの人ほど「転向」よばわりされた人はない.
「転向の象徴」なのだろう.
世の中のすべての「右翼」
は左翼からみると,たかだか「左翼からの転向」なのであろう.
でもこれは一昔前の事情である.
吉本隆明の「我が転向」を挙げるまでもなく,
いまどき転向者は掃いて捨てるほどいるようだ.

江藤淳は東工大教授だった.
江頭先生という名前で,こちらが本名なのだろう.
一度,教官室までおじゃましたことがある.
どういういきさつだったか今では良く覚えていないが,
諌早の詩人伊東静雄のことなど話をした.
伊東静雄の話になると長くなるので,やめておこう.

「左翼版ゴー宣」が出て来るということは
「元祖ゴー宣」はつまり「右翼」なわけだ.
小林よしのりも,
もう引くに引けないところまで来てしまったわけだなあ.

どうでもいいことだが,
「ナニワ金融道」
の原作者の青木雄二は,ばりばりのコミュニストらしい.
蟹工船まがいの漫画を一度見た覚えがある.
また,なんとかという週刊誌にコラムを書いていた
(アサヒ芸能の「天下極楽人生相談」か?).
おそらく「ナニワ金融道」
はそのへんのエキスを薄めて作られたものだろう.

Visited 36 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA