大塩平八郎

投稿者: | 2012年5月24日

パブーで[大塩平八郎](http://p.booklog.jp/book/50924)
というのを公開した。
これは、もともとは将軍放浪記(現在非公開。鋭意加筆訂正中)と同じ頃に書いたものであり、
私の小説の中でも最古のものの一つだ。
今まで公開しなかったのは、後半部分の完成度がいまいちだと、自分でも思うからだが、
とりあえず、前半部分だけ公開することにした。
というのは、ネットで検索して上位に上がってくるのに一年くらい時間がかかるのである。

ネットに公開する以上はできるだけ途中段階からでもさらした方がよいようだ。
それから、この小説はもともとは「巨鐘を撞く者」というタイトルだった。
新人賞に応募するときにはそのくらい思わせぶりなタイトルの方が良いのかも知れないが、
ネットでそんなタイトルつけてもそのタイトルを知っている人でなければそもそも検索かけてこない。
そこでずばり「大塩平八郎」というタイトルにしたのである。
「巨鐘を撞く者」はサブタイトルとして表紙だけに残した。

「大塩平八郎」で検索する人はたくさんいるから、もし検索上位に上がればそれで見にくる人もいるにちがいない。

「セルジューク戦記」「超ヒモ理論」などが割合PVがあるのも同じ理由だろうと思う。
たとえば物理系の人が超ヒモ理論で検索してたまたま私の小説を読んで面白いと思えば他も読んでくれるだろう。
歴史の勉強をしていてセルジュークトルコを調べようと検索した人がなんだ小説かと思って読んでもらって、
やはり面白ければ他も読んでくれるだろう。

それで、「棟梁三代記」というのもあるのだが、これを「鎌倉将軍三代記」に変えてみた。
「鎌倉将軍」で検索かける人はたくさんいるから、というのが理由だ。
こちらはタイトルを変えると意味合いもだいぶ変わってくるのだがやむをえない。
ネットでより目立つためだ。
たったこれだけでばんばん読者が増えればありがたいのだが。
効果が見えてくるのに一年はかかるようだ。

「大塩平八郎」は暫く塩漬けにしていて久しぶりに読んだが、
やはり自分で書いた小説が一番(自分にとっては)面白いなあ。
そりゃそうだな。自分の趣味に100%シンクロしているんだから。
たぶん女性の読者は少ないだろうと思う。
女性のシンクロ率は1%くらいではなかろうか。

それからいままでいちいちルビをふるためにrubyタグをhtml編集モードで書いていたのだが、
wordからコピペするだけで良いことがわかった。
そのほうが楽でよいと思う。

さらにネタばらしをすればこの「大塩平八郎」は子母沢寛の「新撰組始末記」と「父子鷹(勝海舟とその父の話)」に影響をうけたものである。どうしても江戸弁っぽい口調になる。本来なら大阪弁で書くべきかもしれんが、それは私には不可能なので、適当に標準語っぽく書いてみた。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA