旧作

久しぶりにエウメネスを読んでみたのだが、
比較的新しい作品なんでたかをくくっていたのだが、
すでに相当古びてしまっていて驚いた。
新作を書いたり旧作をリメイクしたりするうちに自分の文体というものがどんどん変わっていく。
たくさん書けば書くほど変化する。
一年もして昔書いた物を読むと他人の文章のように感じる。
そもそも乗りが今と違う。
自分が書いたものによって自分自身が変わっていく。
そりゃそうだわな。
書くという行為によって自分は変わる。自分と作品は相対的なもので、
自分が作品を作るように作品が自分を作る。
どうしたらよかろうか。

Visited 17 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA