相棒

投稿者: | 2014年3月15日

今水谷豊主演の「相棒」という刑事ドラマがばんばん流れているので自然と目に入るのだが、
割と見れる作品だ。
税金でまかなわれている警察という組織、そして警察官という公務員が、
法律の範囲内で、事件にどこまで踏み込めるか、そもそも「刑事事件」とは何かということを、
きちんとわきまえた上で作られているからだ。
単なる娯楽番組ではない、教養番組になっている。

かつて[踊る大捜査線](/?p=888)に感じたような不愉快さがない、ということだ。
むろん、わかっているつもりだ、制作側は。
悪いのはそれを流行らせた一般視聴者だ。

その昔の西部警察なんてのは日本の警察官がショットガンやスナイパーライフルぶっぱなしたりして、
あれだとまああきらかに虚構だとわかるからまだ害はないのかもしれない。

まともかく世の中は少しずつまともな方向へと進化しているんだと思う。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA