投稿者: | 2016年4月21日

最近体調が悪いのは、
心臓の具合が悪いとか、
年をとったからということもあるかもしれんが、
たぶんアーチストという薬を飲んでいるせいだ。

[服用を忘れたときに、2回分をいちどに服用すると血圧が下がりすぎて、めまい、転倒をおこすこともあります。飲み忘れたときは、その分は抜いて、次回から正しく飲んでください。](http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/kusuri/1428/m0u/)

アーチストは血管を広げて血圧を下げ、これによって心臓の負担を軽くしている。
しかしながら、よく立ちくらみするようになった。
しばらくすると体が慣れたのか立ちくらみすることはほとんどなくなった。
しかし電車に長く立っていると気分が悪くなってきて、冷や汗が出てくるようになった。
たぶんアーチストのせいだと思う。

座っていれば特に問題ない。
短い時間なら問題ない。
歩いてるのは全然平気。しばらく山歩きしても、息が切れるとかそんなことはない。

でまあ、電車やバスではできるだけ座るようにしているのだが、
本来は私のような人間が優先席に座ってよいはずだが、見た目は健常者なので、席を譲ってもらうのは難しい。
アーチストの量を減らしてもらいたいとも思うが、それで心臓に問題が出ても困る。
でも減らしても全然平気なのかもしれない。

血圧というのは多少高いくらいが体調は良いものだ。
がんがん遊びたくもなる。しかしそれはもうできない。
いつもなんか眠い感じもするが、無理せず寝るようにしている。
私は日本が認めた重病人なのだからなー。

通勤というのがまあ問題なわけですよね。特に都心方向への。
多少金がかかっても仕方ないので指定席でいくか、あるいは逆に各駅停車で行くようにしているが、
ときどきどちらもできないことがあって、そんなときたまたま座れると良いが、座れないときは、
ときどき途中下車して休憩しなくてはならないだろうと思う。
実に面倒だ。

そんなふうで私はいつも生命の危険を感じて生きているわけだ。
私のような人間は早く田舎に引っ越して店番かなんかして、毎朝墓参りなんかして生きていくのが体には良いのだろう。
そうしてただ無為に、死ぬまでの間生きていく。もう、それで良いのではなかろうか。

皮膚が弱くなってきている気がする。
これも薬の副作用かと思ったがなんともいえない。
私は汗かきなのだが多少汗をかいてほっといてもたいしたことにはならなかった。
しかし今はこまめに下着を替え、体を洗ったり拭いたりするようにしている。
まあ、普通の人がふつうにやってることをやるようになっただけなのだが。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA