やまとのつち

和歌にはまだ何千年の寿命があるかもしれぬのに、
王朝時代までに和歌を封印しようとした丸谷才一は、やはり許せぬ、と思った。
明治の歌人たちの実験など笑って許せば良いのだ。
やまとうたは、日本という国の連続性の象徴なのである。

大和の土を詠める:

> 日の本のやまとの国のあらがねのわが生ひ出でしうぶすなのつち

Visited 37 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA