菊正宗の味が変わった件

[追記あり](/?p=402)

今月に入ってからときどき通っている某店でいつもの日本酒をとっくりに常温で飲んでみると、
味が変わっているような気がする。
なんか山廃っぽい味になっている。
今までなんの変哲もない普通の日本酒だったのだが、
なんかざわざわした、微妙な味わいになっている。
特に銘柄も気にせず飲んでいたので、お酒を変えたのかどうか聞いてみると、
うちはずーっと前から菊正宗ですよと言われる。

で、いろいろ調べてみると、
[菊正宗は2009年9月から、上撰本醸造酒を生酛造りにした](http://www.kikumasamune.co.jp/about/kimoto.html)って書いてあるじゃないですか。
ははあ、生酛も山廃も、製法も味の傾向も同じようなもんで、つまり普通は乳酸を添加するんだが、
乳酸菌の発酵によって乳酸を発生させるのが生酛やら山廃。
チーズにたとえれば、普通のプロセスチーズに対してブルーチースのように、
なんかかびくさいというか土くさいというか土蔵か古民家に入ったときのような香りと味がする。
山廃っぽいわかりやすい酒はそんな味がする。
今の菊正宗も微妙ではあるがそんな味がするようになった。

で、世の中の酒飲みが大騒ぎしてるんじゃないかとネットを検索してみたのだが、
まったくヒットせず。
でもたぶんこれは私の勘違いではないはず。
ちかぢか日比谷の菊正宗ミュージアムに行ってみる。
確かめてみる。
つーか、以前の菊正宗と今の菊正宗の飲み比べをさせてほしい。

Visited 17 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA