新撰組始末記

新撰組始末記の中に「竜馬暗殺」という章がある。
「勝海舟」の中の描写とほぼ同じ。
しかし「軍鶏を買ってこい」というセリフはなく、
また「おれは脳をやられた。もういかん」ではなく
「慎太、僕は脳をやられたから、とても駄目だ」となっている。

まあ、よっぽど恨みを買っていたのだろうなぁと思う。
思想的なものというよりも、強引な商売や取引をしたとか。
やくざの落とし前に近いようなものを感じる。

Visited 16 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA