康有為その2

投稿者: | 2003年11月2日

康有為って中国で最初に学会とか新聞とか政党作っちゃった人らしいのだが、
だからすごく偉い人なんだが、
それがまたすべて日清戦争以後だというのがどうしようもなくじれったいし、
ついでに孔子教みたいな新興宗教まで始めちゃったのがまた激しくはがゆいし、
さらには変法運動はことごとく失敗して、
孫文の革命ですべてご破算になっちゃってるし、
その後はほぼ完全に隠遁しちゃって民国時代にひっそり死んじゃってるし、
じゃあ孫文は成功したかというと決してそうは言えないし、
なんかすべてにはがゆくてじれったいというかむなしいというか。

西安は何やってるんだ。
無礼な日本人が居たっつーのはわかるが、
デモとかやってる場合じゃないだろうっつうか。
ていうか有人宇宙飛行とかやってる場合じゃないだろうっつうか。
康有為が新聞社作って発行して有頂天になっているのと同じじゃんか。

康有為に相当する日本人は福沢諭吉か勝海舟かというところか。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA