医療費

投稿者: | 2011年11月12日

長期入院して検査や治療を受けていると、その医療費の高いのに驚かざるを得ない。
こんなに高い検査や治療や手術がほんとうに必要なのだろうか。
ほんとうは、この半額以下でも十分なのではないか、と思わざるを得ない。

我々は生命保険や社会保障制度に守られているから、保険適用範囲であれば、自己負担額は微々たるもので済む。
生命保険会社からお金が返ってくる場合には、黒字になることすらある(もちろん毎年保険金を払い続けているのだから、それを含めれば黒字になんかなりゃしないのだが)。

実際には自己負担額の何十倍、何百倍もの費用がかかっている。
そのために、我々は、特に高額所得者は、毎月その収入の一割だか二割だか知らないが、誰の分だか知らないが、給料から天引きされているのだ。
おそらく年に百万円はくだらないだろう。それを毎年毎年、何十年間も払い続けるのだ。

今回、私が使った医療費は、なんだかんだ含めて三百万円くらいになるのではないか。
しかし、私がこれまでに支払った税金や保険料の三年分くらいにしかなるまい。
税金や保険料を全く払わずに、現金で十割負担した方がたぶん安いのだ。

みんな普段給料天引きされていて気づかないが、これが国民皆保険制度の大きな欠点だ。
そして医療費のほとんどは私のようなまだ若い人間ではなくて、六十以上の老人に、それこそ湯水のようにつぎ込まれている。
病院に外来で行ったり、入院したりすればわかるがそこにいるのは老人ばかりだ。
彼らのために若者の税金や保険料がどれほど使われているだろう。
その医療費のどのくらいが適性なのだろうか。
医学や医療の進歩のために、この分野に国として税金をどんどん投資している、と考えればよいのか。
それとも自分が将来老人になったときのための投資と考えればよいのか。

それとも、自分で貯金して将来に備えた方がましと考えればよいのか。
おそらく、いわゆる高額所得者と言われている人たちにとって、国民皆保険制度は損をしているはずだ。
損をしているからやめた方が良いとは無論言えない。
低所得者が十分な医療を受けられなくなると社会が不安定になって、高所得者にとっても住みにくい社会になるからだ。

いずれにしても私たちは税金や保険料を払いすぎているのは間違いない。
まあ、それが保険というものの本質なわけだが。健康な人間が損をする博打が保険だ。

国民皆保険や保険適用医療によって受けられるサービスは必ずしも高くはない。
大部屋で他人のいびきに悩まされたり、非効率な組織のために、やたらと入院期間が延びたり、とんちんかんな看護師の対応にいらだったりする。
要するに自分はこの程度のサービスしか受けられない額の金しか払ってないのだなと諦めるしかない。
つまり、だらだらと長い期間入院する老人向けの低価格低クオリティのサービスしか受けられないのである。

だが、国民皆保険のための保険料を払わず、その金で自由診療を受ければきっともっと良いサービスを受けられるだろうと思う。
アメリカではだからそうなっているのだ。
日本もそうした方がよい、と言いたいわけではないが。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA