福音館書店「ハイジ」届く。

投稿者: | 2004年9月6日

原作非常に詳しい。
実は私はデーテに非常に興味を持ち、
「アルプスの少女デーテ」というパロディものを書いてみようかと思い調べているのだが。

アルム爺は若い頃ドムレシュグ (Domleschg) というところで一番の農場主の長男だったが、
博打と酒で家屋敷まで失いおかげで一家は離散、
ナポリで傭兵になったり(笑)喧嘩で人を殺したりなどの噂もあり。
いつの間にか息子トビアス (Tobias) だけ連れてデルフリに住み着く。
トビアスはメールス (Mels) に大工の修行に出て、
それが済むとデルフリに戻ってもともと仲が良かったアーデルハイト (Adelheid) と結婚。
しかしそれから2年後、ハイジが1才のとき、大工の父トビアスは梁が落ちてきて死亡。
悲嘆にくれた母親アーデルハイトも数週間後に死亡。
ハイジはアーデルハイトの妹(つまりハイジから見て叔母)のデーテ (Dete) とその母に引き取られる。
ハイジが4才のときにデーテの母も死ぬ。
デーテは温泉場ラガーツに移り住み、
大きな宿屋の部屋女中 or 針子としてけっこう稼ぐ。
ハイジが5才のときにデーテはハイジをアルム爺のところへ連れて行く。
このときデーテは26才。
アルム爺は70才。
ペーターは11才という設定。

ハイジ8才のときフランクフルトへ。
クララは12才。

「Prince of Persia 時間の砂」やり始める。
激ムズ。
跳躍、戦闘、謎解き、そして時間制限。
何度も同じことをやらされ、すごい忍耐を強いられる。
壁と壁の間を跳躍しながら登らされたり、
壁を走りながら跳躍して反対側に着地したりとかなー。
とにかく壁を走るのは当たり前ってところが、
トゥームレイダーというよりは忍者モノというか、
それよりもマトリクスの影響を受けているような感じだなー。
旧作やトゥームレイダーを知らない人はかなりびびると思う。
謎解きはゼルダやドラクエでもおなじみか知らんがの。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA