新葉和歌集関連皇族一覧

* 尊円親王 (1298 – 1356) 伏見天皇の第六皇子。尊円法親王とも。花園天皇の異母弟。
* 尊良親王 (1310? – 1337) 後醍醐天皇の皇子。中務卿。
* 守永親王 (1328 – 1397) 尊良親王の皇子。後醍醐天皇の孫。上野太守。
* 宗良親王 (1311 – 1385) 後醍醐天皇の皇子。中務卿。征東将軍とも。
* 最恵法親王 (? – 1382) 後醍醐天皇の皇子。
* 懐邦親王 後醍醐天皇の皇子。上野太守。懐那親王とも。懐良親王(征西将軍)と同じか?
* 貞子内親王 後醍醐天皇の皇女。
* 幸子内親王 後醍醐天皇の皇女。
* 祥子内親王 後醍醐天皇の皇女。
* 後村上天皇 後醍醐天皇の皇子。南朝第二代。
* 長慶天皇(1343-1394)後村上天皇の第一皇子。南朝第三代。
* 後亀山天皇(1347?-1424)後村上天皇の第二皇子。南朝第四代。
* 惟成親王(?-1423)後村上天皇の第三皇子。式部卿。
* 泰成親王(1360?-?)後村上天皇の第四皇子。太宰帥。
* 師成親王(1361-?)後村上天皇の第五皇子。兵部卿。
* 覚誉法親王 花園天皇の第一皇子。
* 仁誉法親王 恒明親王の皇子。亀山天皇の皇孫。二品。
* 果尊法親王 ???
* 深勝法親王 ??? 後村上天皇の皇子 (恒明親王の皇子、亀山天皇の皇孫とも)。二品。
* 儀子内親王 花園天皇 皇女。
* 覚誉法親王 花園天皇 皇子。
* 聖尊法親王(1303-1370)後二条天皇の第四皇子。二品。

あまりにも謎。あまりにも闇。
尊良親王は後醍醐天皇の皇子であるが、越前国(福井)で戦死した。
しかし、明治になってから、
後醍醐天皇から譲位され東山天皇と称したと主張する人が居て、
北陸朝廷と言い、
吉野朝廷は偽装であるとする。
また尊良親王の皇子である守永親王は[興国天皇](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%9B%BD%E5%A4%A9%E7%9A%87)と称したと言う。
まあ、明治になって南朝が正統とされたことによって、
南朝の皇子たちは日本中あちこちに転戦してたので、
その子孫が残ってる可能性があって、
しかも南朝の歴史はあまり正確には残ってないから、
自称天皇というのがぼろぼろ出てきたということだろうな。

なるほど、[後南朝](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E5%8D%97%E6%9C%9D)というのもあるんだな。

北畠親房は新葉和歌集には「中院入道一品」という名前で出てくる。
ぱっと見、そんなすごい歌ではない。
宗良親王の私家集「李花集」にも北畠親房の歌が多く採られているという。
さて、どうすれば読めるのだろうか。後亀山天皇御製は「宗良親王千首」奥書にもあるらしい。

後醍醐天皇の妃で後村上天皇の母、新待賢門院・阿野廉子の歌もちょっと面白い。

北条氏の末裔・北条時行は南朝の一武将として戦うことを許されて、
宗良親王とともに遠江の井伊高顕が治める井伊城に入り、
音信不通になったそうだが、
要するに南朝の武将は北条時行にしろ宗良親王にしろ、ろくな記録が残ってないということだろう。
必ずしもどこかで野垂れ死にしたというわけではなさそうだ。

上野太守とは上野国の国司ということだが、[親王なので太守](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E7%8E%8B%E4%BB%BB%E5%9B%BD)と言うらしい。
中務卿、太宰帥なども同様に親王のための名目的な役職らしい。

懐邦親王は後醍醐天皇の皇子だとあるが、
後醍醐天皇の皇子はの名はみな漢字二字で二字目は「良」であり、
懐邦親王は唯一の例外。
また新葉和歌集には懐那親王とも書かれている。
一方で鎮西方面で菊池市とともに戦った懐良・征西将軍という親王も居る。
極めて紛らわしいのだが、
実は懐邦は懐良なのではないか。

また後村上天皇でさえ、義良、憲良の二つの名前がある。
法親王もいて、皇子の人数もいかにも多く、重複している可能性もあるよな。

Visited 20 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA