上野西郷隆盛像碑文

投稿者: | 2009年12月30日

西郷隆盛君之偉功在
人耳目不須復賛述前
年 勅特追贈正三位
 天恩優渥衆莫不感
激故吉井友實輿同志
謀鑄銅像以表追慕之
情 朝旨賜金佽費捐
資賛此擧者二萬五千
餘人明治二十六年起
工至三十年而竣乃建
之上野山王臺記事由
以傅後


西郷隆盛君の偉功については皆さんご存じでしょうから、
改めて讃え述べることもないでしょう。
前年、勅によって特別に正三位を追贈され、
天恩が手厚いことに皆感激しないことはありませんでした。
故に、[吉井友実](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E4%BA%95%E5%8F%8B%E5%AE%9F)は同志とともに銅像を鋳造し、追慕の情を表すことを計画しました。
朝廷から金銭を賜り費用に充てよとのご意向があって、
この挙に賛同し義捐金を拠出した者が二万五千人余りあり、
明治二十六年に起工し、明治三十年に至って竣工し、
これを上野山王台に建てて事由を記し、以て後世に伝えます。

「勅」「天恩」「朝旨」などに[闕字](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E6%96%87%E6%9B%B8#.E9.97.95.E5.AD.97)が使われている。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA