投稿者: | 2016年10月24日

著者セントラルのランキングは1時間おきに更新で、
KDPの販売データ一覧は1日に1度くらいの更新らしいんだが、
ランキングが微妙に増えてるなと思った作品が売り上げではまったく売れてないし、
KENP も無い。

ランキングが低いと KENP に変動がなくてもランキングが上がったりするということなのだろうか。
非常に紛らわしい。
アルゴリズム的になんか間違ってる気がする。

そんで逆に KENP を見るとまあまあ健闘しているように見える作品のランキングがあまり上がらなくなった。
アマゾンがなんかいじってるのに違いない。

エウメネスは1から3まで堅調。
続編を書けば読んでもらえるというのであれば書くしかないわけだが、
何を書こうか迷っている。
ガウガメラの戦いとかソグドの戦いならすぐに書けるのだが、
そっちに行く前にスパルタとかオリュンピアスとかアルトニスとかハルパロスとか、
そういうサブストーリーを書いてみたい。
エウメネスをガウガメラではなくてギリシャ本土に行かせて、
オリュンピアスやスパルタと絡ませたい。
となると、史実というよりはほとんどは創作で書くしかないことになる。
エウメネスはオリュンピアスと仲が良かった。
どこに接点があったのか。
史実は何も残ってないから想像で書くしかない。
オリュンピアスについても、従来、悪い女、悪い妻、悪い母としか描かれてなくて、
それらはおそらくどれも嘘なのだけど、
嘘だと断じる証拠がないと書きようがないんだが、
オリュンピアスはずっとエピロスという田舎にいたので、
実際何をした人かまったくわからない。

スパルタについて調べようとするとほとんど何もわからない。
アテナイ人と違ってスパルタ人はほとんど何も歴史を残さなかったからだ。
スパルタがそんな大したポリスであるはずがない。
私の直感ではそうなる。
しかしスパルタが大した国じゃなかったってことを書くにはそれなりの証拠が必要だ。
その証拠がなかなか集まらない。

アルトニスもよくわからん人だ。
単なる、エウメネスの良妻賢母、というわけではないはずだ。
ではどう描けばよいか?
ていうかバルシネを描いた人は多い。
バルシネは派手な人だからキャラとしては描きやすい方だ。
バルシネの妹でエウメネスの妻であるアルトニスを描いた人はおそらくこれまで誰もいないはずだ。
ではどう描けば良いか?
私が書いたものの中では、アルトニスはレスボス島からアテナイに渡ってきて、
リュケイオンでエウメネスの学友だったことにしている。
ではそこからどう発展させれば良いか?

構想はいろいろあるが書き始めることができない状態。
歴史に残ってないものを勝手に補うというのはつまり歴史小説の中に時代小説やファンタジーを埋め込む手法であって、割と面白いのだが、そのチューニングには技巧を要する。
ウィキペディアの解説みたいな歴史小説を書いても仕方ないのは明らかだ。
史実は史実としてきちんと大枠を構築しておいて、
その隙間に、埋め草のように、フィクションのエピソードを埋めていく。風俗もできるだけ盛り込んで風味付けにする。そうするとゴージャスになる。

サイゾーやニューズウィーク、SAPIOなどの雑誌もランキング上位に浮上してこなくなった。
そのかわり変なやつが上がってくる。

MdN と CG World は読むようにしている。
CG World は最新号だけ unlimited を外しているのだろうか?
よくわからない。
unlimited なので、雑誌は読まなきゃ損なのだが、
ル・ボラン、音元出版、時計Begin、眼鏡Begin など面白いっちゃ面白いが、
読んでるだけでおなかいっぱいになって、なんかどうでもよくなってしまう。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA