無視できない違い

> ちりやすき一重桜の花のうへに雨さへそひてふく嵐かな

明治天皇御集角川文庫版。

> ちりやすき一重桜の花のうへに風さへそひてそゝぐ雨かな

文部省版。似ているが単なる誤記ではないな。

思うに9万首の御製の中には、このような推敲の段階によって微妙に異なる歌、習作、などがかなりふくまれるのではなかろうか。
題も相当に違っている。

Visited 23 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA