製造業

投稿者: | 2010年1月31日

95年くらいに円が対ドルで84円になったころ、製造業はもう駄目だなどと言われて、
この頃に日本が脱製造業に向けてさっさと方針転換をしていれば、いまのような惨状にはならずにすんだのだ。
95年というのはWindows 95がやっと出てきた頃。
ISPがやっと出始めた頃。
このころ製造業以外にはいくらでも商機があった。
しかし日本は、いつまでもいつまでも電機や自動車にこだわり続けた。
実に悔しいことだ。
あの頃アメリカはまだ青色吐息で、マンハッタンには乞食があふれていた。
日本にはまだまだ余力があった。

なぜ日本はあのとき製造業に見切りを付けて、
或いは製造業を原資として、インターネット産業に投資しなかったのか。
あの当時、ちょっと頭を働かせれば誰にもわかったことではないのか。
ビルゲイツにだってわかっていたことがなぜ日本人にわからなかったのか。

日本はしかし、だんだんに円安となり、
海外に少しずつ生産拠点を移すなどして、
円高に強い体質になったなどとうそぶいていた。
私は、いつまでもトヨタなどの旧態依然とした会社が日本社会を牛耳っていることに、
いつもいつも首をかしげていた。
しかし結局はトヨタなどの会社の法人税によって日本は支えられていたのも事実だった。
愛知万博やらセントレアやら中部地方がこれからどんどん栄えていくかのように言われていた。

しかし今やとうとう日本にとって製造業が斜陽産業となりはてた時代が来た。
そしてインターネット産業で日本はまったく出遅れている。
実に嘆かわしいことだ。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA