桂園遺文

投稿者: | 2010年5月13日

景樹の「桂園遺文」に、

> 文句は古今に従ひ、都鄙によりてかはりゆくものなれば、たのみがたきものなり。
この調べのみは古今を貫徹するの具にて、いささかもたがはざるなり。
ひとり大和言葉のみならず、からもえぞも変はらぬものなり。

などと言っている。ここで古今と言っているのは古今集のことではない。
語彙や言葉遣いは時代や場所で変わってしまうので、頼りないものだが、調べ(リズム)というものは、
時代や地域の違いはなく、言語の違いすらない、などと言っている。

思うに、景樹の歌論にはかなり無理がある。
景樹の歌が当時の京都の人々の話し言葉で詠まれているとは誰も思ってないだろう。
景樹は確かに俗語や口語を和歌に取り入れてみたが、
100%俗語口語で歌を詠んだのではない。
今日の、現代短歌のような意味での口語の和歌ではないのは明らかだ。
また、誠実に歌を詠めば自然と良い調べの歌になる、というのも単なる精神論にしか思えない。
結局何を言いたいのかがわからない。
景樹は、歌人としての天性の才があったのは間違いないが、
いろんな人の影響を受け、またいろんな人の批判も受け、そのため歌論のようなものを主張しては見たが、
そもそもあまりロジカルな考え方をする人ではない、というのがまあ、だいたいの結論と言ってよかろう。

その時代にしか通じない言語で歌を詠んでしまうと、その歌はたちまちに陳腐化する。
わずか50年後に見ても何か違和感を感じるだろう。
明治期の万葉調の和歌や、戦後の左翼歌人らの和歌、俵万智の模倣者らの歌などがまさにそうだ。
ところで景樹の歌などは今から200年ほど前の歌なわけだが、それなりに今でも鑑賞できるし、
古今集なども多少古典文法を学んでおけば何の説明もなしにわかる平易なものが少なくない。
それは、古典文法や文語文法というものがそのような時代を超えて生き続ける生命力を持っているからであり、
だからこそ和歌を文語文法に則って詠む必要があるのだと思う。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA