祇園梶子の歌

> しづのめが降り立つ小田の水かがみ見るひまもなく取る早苗かな

> 雪ならばとひこし人のあとも見む木の葉に埋む庭の通ひ路

> 契りしは昔なりけり思ひ寝の夢には絶えぬ人の面影

> つらくのみ過ぎこし方を忍べとや憂きひとり寝に立てる面影

> 雪ならばこずゑにとめて明日や見む夜のあられの音のみにして

よみ人しらず

> あはぬ間にいかに恨みの多かりきこよひは何を語りあかさむ

かへし

> よしさらばくらべかこたむあはぬ間の恨みの数はいづれまさると

> あふことを夢なりけりと思ふにもさめしうつつぞ苦しかりける

> 契りあれば夢にもあふと思ふにぞさめしうつつのたのみなりける

> もえわたる沢の蛍を憂き人に見せばや身にも余る思ひと

> こひこひてまた一とせも暮れにけり涙の氷あすやとけなむ

最後の歌は14才(満で12か13才)の時の歌というから、なんとも早熟だ。

Visited 10 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA