押韻に絶望する

投稿者: | 2011年9月21日

十載夢飛巴里城
城中今日試閑行
画楼涵影淪綺水
士女如花簇晩晴

これは、成島柳北がパリを訪れたときに作った漢詩だが、行と晴が、一見押韻してないように見えるが、
いずれも韻字は庚であり、`ing と発音する。
まったく見当もつかない。
しかし、調べてみると柳北の漢詩で押韻がいい加減なものは、滅多にないようだ。

韻はしかも、現代中国語の発音とは違っていることもあるようだ。
従って、機械的に、ともかく一字一字韻を暗記しなくてはならないということになる。

[日本語と日本文化 成島柳北](http://japanese.hix05.com/Literature/Ryuhoku/ryuhoku.index.html)。
少し詳しい。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA