切腹の起源 2

投稿者: | 1998年3月7日

いろいろ調べ始めたがさっぱりわからん.
とりあえず岩波新書「武家の歴史」を借りた.
わかったことといえば,
平安時代の武家の源氏とか平氏とか藤原氏とか言うのは,
かなり良い加減だということだ.
あと岩波文庫の日本外史も借りる.
頼山陽は,最初に切腹した人が誰か知っていただろうか.
そういえば,靖国神社で「日本外史を読む」とか言う講座をやってたような気がする.

ちょっと検索してたら

徳川慶喜所有の日本外史の版木で作った火鉢

と言うのが出て来た.
うーむ.たとえば

ここ

には「尊皇攘夷運動のバイブル「日本外史」」
とか書いてあって,まさにそうなのだが,
倒幕された側の慶喜がその版木で火鉢を作って使っていたとは.
どういう心境だったんだろうなあ.
慶喜が駿府に移って住んだ寺にあったものだというから,
ほんとに使ってたんだろうな.
昭和 15 年に失火したときに,
住職が庭に放り投げて守ったとか書いてある.

ところで上の二つの頁はどちらも ntt.co.jp なのだが,
NTT って郷土の歴史に力いれてるのかなあ.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA