話はでかい方が良い

投稿者: | 2011年9月15日

というわけで、
相変わらず[デーテ](http://p.booklog.jp/book/27196)をいじっているのだが、
アルムおじさんのご先祖様は、ナポレオン軍のアルプス越えの行軍中に、その傭兵隊長となって、道先案内をやった、
という話にしておいた。

またアルムおじさん自身も、ソルフェリーノの戦いという激戦に参加したことにした。
となると、フランス外人部隊に居たということにした方が、つじつまは合う。
ところで、傭兵が後方支援で工兵だったりしたことがあるのだろうか。
傭兵というのは、常に前線で危険な軍務につくものだろうか。
工兵というのは、どちらかと言えば、危険はすくなさそうにも思えるが。
専門性や能力次第だろうか。

スイス傭兵というのは個人ではなくて、州(カントン)単位で派遣した軍団であったはずだから、
その中には工兵隊や輜重隊などのバックヤード専門の部隊があってもおかしくないのではないか。

それから、ついでに、作中作の入れ子を二重にした。つまり入れ子をさらに深くしてみた。
デーテの語りの中にトビアスの語りを入れてみたわけである。
入れ子は深い方が面白いよね(笑)。
『千夜一夜物語』は深いところは七重になっているという。未確認だが。
一番浅いところは三人称の普通の物語の叙述だが、その中にシエラザードの語りがあって、その語りの中の登場人物がまた語り出して、
その語りの中の人物がまた物語を始めて、という具合にどんどん物語の中に物語が埋め込まれていく。
そこが面白い。

さらに、トビアスの語りの中に、アルムおじさんの語りを埋め込んで、入れ子を三重にしてみた。
うはは。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA