大いなる怠慢

投稿者: | 2012年12月18日

思うに、歴代天皇の中で歌のうまい順に順位を付けるならば、
やはり一番歌のうまい天皇は、後鳥羽天皇だと思う。
その次に誰がうまいかと言えば、
これが難しいのだが、花山天皇か、後水尾天皇か、或いは、
順徳天皇、後醍醐天皇、亀山、伏見、光厳天皇なのではなかろうか。
それに続いてやっと、孝明天皇とか明治天皇のような、近代の天皇があがると思う。

私は、近代、というか近世の孝明天皇や明治天皇の歌を高く評価する。
というより私は明治天皇のファンである。
しかし、では、明治天皇が後醍醐天皇や後水尾天皇より上か、並ぶか、と言えば、
やはり違うのではないかと、思わざるを得ない。

そして、後鳥羽天皇はやはりダントツで一位だと思う。
丸谷才一の偉大な業績の一つは、後鳥羽天皇を見いだしたところであり、
やはり丸谷才一という人はすごいなと、思わざるを得ない。

丸谷才一以外の人は、つまり戦後の文人たちは、日本が民主化されたというのに、
こういう作業を何もしていない。
明治や大正の歌人や文人にはできなかったかもしれないが、戦後の文人は当然やるべきだった。
大いなる怠慢というべきだ。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA