メモ

投稿者: | 1999年8月17日

> 我恋は千尋の海の捨小舟寄る辺なしとて波のまにまに

志賀直哉「真鶴」

> あらたのし思ひははるる身はすつるうきよの月にかかる雲なし

> さすが涙のばらばら袖に こぼれて袖に 露のよすがのうきつとめ

芥川龍之介「或日の大石内蔵之助」

夜の夜中に延々とアニメをやっている.
子供が夜更かしするのでなければ,大の大人が見ているのだろう.
なんかよくわからん.アニメといっても,セル画の中のほとんどは動かない.
できるだけ手間のかからないように作られているなあ.
なんてことは,子供のころは考えもしなかったなあ.

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA