亀山天皇

投稿者: | 2010年1月2日

亀山天皇は生きているうちに「法皇」と呼ばれていたらしい。
新後撰和歌集によれば「太上天皇」が後宇多天皇、「院」が伏見天皇、「法皇」が亀山天皇となっている。
しかし実際には、この三人の院はどう区別されていたのだろうか。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA