新葉和歌集・冬

ものすごく寒そうです。
後醍醐天皇はいつも怒っていて、機嫌が悪そうです。

> 臥し侘びぬ霜さむき夜の床はあれて袖にはげしき山おろしの風 (後醍醐天皇)

> 花に見し野辺の千草は霜おきておなじ枯葉となりにけらしも (後村上天皇)

こういう歌はやはり京都では出てこないと思うのよね。

> みむろ山ふかき谷さへ埋もれて浅くなるまで散る木の葉かな (最恵法親王)

こういう歌はやはり吉野山の実際の景色を見ないと出てこないと思うんだな。

> 聞くたびにおどろかされて寝ぬる夜の夢をはかなみふる時雨かな (後村上天皇)

> 木の葉降りしぐるる雲の立ち迷ふ山の端みれば冬は来にけり (後村上天皇)

> 夜やさむき時雨やしげきあかつきの寝覚めぞ冬のはじめなりける (後村上天皇)

> 返歌: いにしへの吉野の宮の宮人の歌を偲べば寒さまされり

Visited 11 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA