豪姫

投稿者: | 1997年7月11日

豪姫という映画を借りて見た.
原作は富士正晴という人だ.
富士正晴なんて誰も知らないと思うが,
伊東静雄関連で知っていた.
で,先にその文庫本を買って読んだのだが,
カバーに宮沢りえ主演で映画化されたということが書いてあったので,
それでその映画の存在をしったのであった.

思ってたよりはずっと良くできた映画だった.
すじがきはかなり原作に忠実で,ごく地味なもので,
なんでこんなもんを映画化したのかと思うくらいで,
まあ宮沢りえの絶頂期だからこそできた冒険のようなもんかもしれん.
でも私はこの映画は好みだなあ.
地味な中に戦国の美しさが現れている.

仲代達也が古田織部の役なんだが,
なんとも恰好良い.
「大地の子」や「秀吉」の仲代達也も良かったが,
この「豪姫」の仲代達也も,実にかっこいい.

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA