病中偶成

投稿者: | 2012年3月1日

漢詩は推敲し始めると止まらない、ということがよくわかった。
漢詩の作り方の本など熟読。
日本人は直感的に漢詩の良し悪しを判断できない。感覚的に作れないから、どうしても規則にこだわってしまう。
こだわらざるを得ない、ということもわかってきた。
みんな律儀に平仄を守っている。

怏怏無聊病者憂
坊中起臥似俘囚
迎秋不覚秋風冷
窓外只看雲片流

題もつけてみた。「病中偶成」とはしゃれである。さんざん推敲したのだから。

だいぶ完成形に近づいた気がする。
夏目漱石が病気中の詩をいくつか作っていて参考になる。
先達はあらまほしきかな。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA