法住寺合戦

投稿者: | 2009年8月17日

[法住寺合戦](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E4%BD%8F%E5%AF%BA%E5%90%88%E6%88%A6)。
これはひどい。
義仲も家人にいさめられ、
後白河法皇も公家らに諫められているが、どちらもひかなきゃこうなる罠。
首都を制圧している者としてはクーデターに出るしかなく、
また義仲に最後通牒を出しておき、
平知康なる宮廷人に比叡山と園城寺の僧兵を率いて義仲を討伐させようとしたとすれば無謀としか言えない。
なんかまあめちゃくちゃな市街戦だったようだな。

平家が都落ちはしたものの、南海道に天皇を擁して勢力を保っている。
源義仲が京都を占拠しているが、乱暴者でかつあまり武力もあまりあてにならない。
鎌倉には頼朝が居て、さらに奥州には藤原氏がいる。
このような状況において、もし自分が後白河法皇の立場だったらどうするか。

うーんと。
たぶんだが、平氏と休戦して安徳天皇に京都に戻ってもらう条件で、平氏全員恩赦。
かつ、義仲と頼朝の仲裁。
院政が平氏と源氏をうまくコントロールできるとわかれば、
自然と院政が強化されて、しばらくは安泰だったのではないか。
義仲と全面戦争に発展し、頼朝の介入を受け、ゆくゆくは平氏も藤原氏も滅亡し、
権力が幕府に集中するというのが最悪の選択肢だったわけだが。
まあ、時代の流れとしてはそうなるしかなかったのかもしれんが。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA