大伴旅人の酒の歌十三首

投稿者: | 2013年9月13日

万葉集に山上憶良の酒の歌臣罷宴歌一首

> おくららは いまはまからむ こなくらむ それそのははも わをまつらむぞ

のあとに大伴旅人の酒の歌十三首というのがあって、これがなかなかおもしろい。

> しるしなき ものをもはずは ひとつきの にごれるさけを のむべくあるらし

> さけのなを ひじりとおほせし いにしへの おほきひじりの ことのよろしさ

> いにしへの ななのさかしき ひとたちも ほりせしものは さけにしあるらし

> さかしみと ものいふよりは さけのみて ゑひなきするし まさりてあるらし

> いはむすべ せむすべしらず きはまりて たふときものは さけにしあるらし

> なかなかに ひととあらずは さかつほに なりにてしかも さけにしみなむ

> あなみにく さかしらをすと さけのまぬ ひとをよくみば さるにかもにむ

> あたひなき たからといふとも ひとつきの にごれるさけに あにまさめやも

> よるひかる たまといふとも さけのみて こころをやるに あにしかめやも

> よのなかの あそびのみちに たのしきは ゑひなきするに あるべくあるらし

> このよにし たのしくあらば こむよには むしにとりにも われはなりなむ

> いけるもの つひにもしぬる ものにあれば このよなるまは たのしくをあらな

> もだをりて さかしらするは さけのみて ゑひなきするに なほしかずけり

どうも泣き上戸だったらしい。
自分は飲んでもあまり泣かないので気持ちはよくわからない。
オマル・ハイヤームのルバイに通じるものがある。

冒頭の歌は有名だが、あとのもおもしろい。
昔の七賢人も好きなのは酒だったとか、
ああ醜い、偉そうに酒を飲まないやつをよく見たら猿に似ている、とか
このへんの歌はもっとはやっても良いはず。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA