新撰和歌 巻第三 賀・哀 荓二十首

投稿者: | 2016年5月17日

> 161 わが君は 千代にましませ さざれ石の いはほとなりて こけのむすまで

> 162 なくなみだ 雨とふらなむ わたり川 みづまさりなば かへりくるがに

> 163 わたつ海の はまのまさごを かぞへつつ 君がいのちの ありかずにせむ

> 164 ちのなみだ おちてぞたぎつ しら川は 君が代までの 名にこそありけれ

> 165 しほのやま さしでのいそに すむ千鳥 君が御代をば や千代とぞなく

> 166 うつせみの からを見つつも なぐさめつ ふかくさのやま けぶりだにたて

古今831 僧都勝延(ほりかはのおほきおほいまうち君身まかりにける時に、深草の山にをさめてけるのちによみける、空蝉はからを見つつもなぐさめつ深草の山煙だにたて)。

> 167 かめのをの 山のいはねを とめておつる たきのしらたま 世世のかずかも

> 168 ねても見ゆ ねでもみえけり おほかたは うつせみのよぞ ゆめにはありける

> 169 いにしへに ありきあらずは しらねども ちとせのためし きみにはじめむ

> 170 あすしらぬ わが身なれども くれぬまも けふは人こそ こひしかりけれ

> 171 ふしておもひ おきてかぞふる よろづ代を 神ぞしるらむ 我が君のため

> 172 花よりも 人こそあだに なりにけれ いづれをさきに こひむとか見し

> 173 わすれがたき よはひをのぶと きくの花 けさこそ露の おきてをりつれ

> 174 なき人の やどにかよはば 郭公 かくてねにのみ なくとつげなむ

> 175 かすが野に わかなつみつつ よろづ代を いはふ心を 神ぞしるらむ

> 176 かずかずに われをわすれぬ ものならば 山のかすみを あはれとは見よ

> 177 君がため おもふ心の 色にいでて 松のみどりを をりてけるかな

> 178 露をなど はかなきものとおもひけむ 我が身もくさに おかぬばかりを

> 179 見えわたる はるのまさごや あしたづの ちとせをのぶる かずとなるらむ

> 180 さきだたぬ くいのやちたび かなしきは ながるるみづの かへりこぬなり

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA