投稿者: | 2017年7月31日

> Wo den Frühling Festgesänge würzten,

> Wo die Ströme der Begeisterung

> Von Minervens heilgem Berge stürzten –

> Der Beschützerin zur Huldigung –

> Wo in tausend süßen Dichterstunden,

> Wie ein Göttertraum, das Alter schwand,

> Hätt’ ich da, Geliebter! dich gefunden,

> Wie vor Jahren dieses Herz dich fand,

> そこは、祭りの歌が春に味付けし、

> そこは、感激の奔流が、

> ミネルヴァの聖なる山から

> 女神たちに敬意を表して流れ落ちる。

> そこは、悠久の時間の中で、甘い言葉を紡ぐ詩人たちが、

> 神々がつかの間の夢を見ている間に、年老いて死んでいった。

> 私はそこで、愛する人よ、あなたを見つけたい。

> 何年も前に、この心があなたを見つけたように。

うーん。
ミネルヴァはローマの女神なのだが。
ギリシャの女神に直しようがない。
どうしようもないな。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA