投稿者: | 2017年7月31日

> Ach! wie anders hätt’ ich dich umschlungen! –

> Marathons Heroën sängst du mir,

> Und die schönste der Begeisterungen

> Lächelte vom trunknen Auge dir,

> Deine Brust verjüngten Siegsgefühle,

> Deinen Geist, vom Lorbeerzweig umspielt,

> Drückte nicht des Lebens stumpfe Schwüle,

> Die so karg der Hauch der Freude kühlt.

> ああ!もっとしっかりとあなたを抱きしめたい! –

> あなたは私にマラトンの勇者を歌う。

> そして熱狂者らの中で最も美しい人が、

> 陶酔した眼差しであなたに微笑む。

> あなたの胸は、勝利の昂揚を若返らせ、

> あなたの魂に絡みつく月桂樹の蔦は、

> 人生を締め上げることなく、その鈍い暑苦しさを、

> とても冷たい喜びの吐息で冷やしてくれる。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA