千載和歌集

投稿者: | 2010年1月23日

久保田淳校注「千載和歌集」。

凡例に

> 翻刻に際しては、歴史的仮名遣いに統一し、適宜底本の仮名を漢字に改め、漢字を仮名に改め、その他用字を改め、送り仮名を補い、振り仮名を付し、・・・もっぱら読みやすさを主眼とした校訂を加えた

とある。
なるほど1986年初版の文庫本ならば当然そうあるべきである。

[J-TextsのFAQ](http://www.j-texts.com/faq.html)に、

> 問:どうして文庫本を底本に使ってはいけないのですか。

> 答:昭和40年代以降の文庫本は表記の改変が著しく、原本との乖離が甚だしいからです。電子化によって止むを得ず原本から乖離してしまう所もありますが、学術的観点からは、殊更に表記を改変しようとすべきではありません。文庫本が何故表記を改変しているかといえば、読みやすくして、より多くの人に読んで(買って)もらいたいと考えているからでしょう。それが廉価の代償です。商売をするのでない限り、文庫本を電子化する必要はありません。より良い本文を使うべきです。大学の学部4年間には、教科書として使ったり卒業論文で使用したりすることはあるかもしれませんが、大学院以上のレベルになると、文庫本から引用するということは、まず考えられません。文庫本は初心者用、入門者用と考えてください。表記の改変がなされていない文庫本なら結構です。

とある。
しかし、特に和歌の場合、もともとが変体仮名などで書かれており、用語も極めて特殊で、
漢字でふつう書くところをわざと仮名で書いたり、その逆であったり、そもそも濁点がまったくなかったり、
どこで切れるのかわからなかったりする。
手書きの原本を見れば察せられるかもしれないことも活字にした段階で欠落する。
まあなので、文庫本であればわかりやすさを優先しても仕方ないし、
また戦前の本だからといって必ずしも正確とは言えないと思うのよね。

全然千載和歌集の話ではなかったが。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA